ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

既存不適格調書

増改築における建築確認申請に添付する「既存不適格調書」

建築基準法第86条の7において、既存建築物の増改築については、制限を緩和する規定が設けられていますが、平成21年9月1日にその取り扱いに関して関連告示の改正および技術的助言通知の発出などが行われ、既存不適格建築物へ増築する際の緩和基準が拡大されました。

この緩和基準の適用を受けるためには、「既存不適格調書」を提出する必要がありますので、平成22年6月1日以降の増築、改築、大規模の修繕または大規模の模様替の建築確認申請には、参考様式により「既存不適格調書」を付属図書と伴に添付していただきますようお願いします。

関連書類

関連リンク

国土交通省HP(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部建築住宅課審査係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 第二分館1階

電話番号:0257-21-2290

ファクス:0257-23-5116

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?