ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 柏崎市立図書館(ソフィアセンター) > 図書館の発行物・データ > 過去のお知らせ > パブリック・コメント「柏崎市子ども読書活動推進計画(案)」の結果をお知らせします

ここから本文です。

更新日:2015年2月18日

パブリック・コメント「柏崎市子ども読書活動推進計画(案)」の結果をお知らせします

柏崎市子ども読書活動推進計画(案)に関する市民意見提出手続き(パブリック・コメント)を実施したところ、6人の方から15件のご意見をお寄せいただきました。ありがとうございました。

ご意見に対する市の考え方をまとめましたので、お知らせします。

意見提出件数

15件(6人)

意見の反映状況

  • 意見を一部反映したもの:1件
  • 今後の検討課題としたもの:0件
  • 記述の変更をしなかったもの:14件

提出された意見と市の考え方

提出された意見と市の対応(別ウィンドウで開きます)(PDF:96KB)

意見の概要と市の考え方
意見概要 市の考え方〈対応〉 素案の修正
「子ども司書制度」の取り組み 子どもが主体性をもって図書の利用促進を図るために、「子ども司書制度」は効果的だと言われています。図書館の学校支援活動の一環として、「子ども司書(読書リーダー)」の養成・活用に取り組んでまいります。 具体的取り組みとして追加しました。

図書館施設の整備要望

  • 図書館駐車場区画の拡張
  • 駐車場から玄関までの風雨対策
  • 冬期間の北口閉鎖は不便
小さなお子さんを連れた利用者のために駐車区画を広げることは、利便性向上や利用者を増やすために有効と考えます。ただし、風雨対策や北口玄関の冬期間開放のためには、屋根付き通路設置が必要です。大規模な施設改修となることから将来的な課題と考えています。 修正はありません。

子どもにたくさん本を読んでもらう。

  • 読み聞かせの機会を増やす
  • 学校ごとに、グループで公共機関を使って図書館に行き、図書資料について話をする経験をする
  • 図書館から学校への働き掛け必要
現在も各学校で、読み聞かせや図書館の見学など、さまざまな取り組みを行っています。今回の推進計画の実施を契機とし、その意義を確認し、さらなる工夫を進めてまいります。
また、図書館の本を学校に貸し出す移動図書館・貸出文庫や図書館職員が学校に出向く読書支援の充実など、子どもが本に触れる機会が増える具体的な取り組みを検討してまいります。
修正はありません。

大人にも読書の機会を多く与えてほしい。

  • 高柳町と西山町の両町事務所に図書室を整備
  • インターネット予約した割り当て本を両町事務所に配達
人口規模や面積からも、当市の図書館1館は全国平均を下回っています。今後、両町事務所をはじめ各地区コミュニティセンターなどの地域施設に、貸出文庫を設置し、大人の読書環境の充実も図る必要があります。
両町事務所での予約本の貸し出しは、現状では両町事務所に図書館システムが整備されていないため不可能です。将来的な課題と考えています。
修正はありません。
絵本で赤ちゃんとお母さんの関係を強く結ぶブックスタート事業の再開 計画案にあるように、実施方法を含めてブックスタート事業の検討を行ってまいります。 修正はありません。
専任の学校司書の配置 学校図書室の整備や子どもへの図書紹介など、子どもの読書活動支援という役割を担う学校司書の重要性は、十分認識しているところです。計画案にあるように、学校司書の配置を検討してまいります。 修正はありません。
学校間の相互貸し借り態勢の充実 限られた予算の中で図書資料を有効に活用するために、学校間の相互貸し借りは効果が期待できます。学校間をつなぐには、まず、学校と図書館がつながることも検討されなければなりません。態勢整備には、ソフト面(貸し出し、受け入れなどの人的な面)、ハード面(図書館システム導入など)からの検討が必要であり、将来的な課題と考えています。 修正はありません。
図書管理システムの導入 「学校間の相互貸し借り態勢の充実」のご意見とも関連しますが、学校に図書館システムを導入することにより、図書の検索、貸し出し、返却を容易かつ確実に行うことができ、図書室利用の利便性が向上します。財政面の課題、導入段階の入力作業などの課題などを含め、計画案にあるように導入に向けた検討を進めてまいります。 修正はありません。
継続した書籍購入 学校における図書購入費の確保は課題となっていますので、計画案にあるように児童図書の整備充実を図ってまいります。 修正はありません。
「図書」の科目導入 現在も国語や特別活動の時間を中心に、図書館指導が行われています。ご指摘の理科や総合的な学習の時間の調べ学習は、図書室の利用を調整しながら、現在も行われているところです。今後も、図書活用や読書指導の充実に計画的に取り組んでまいります。なお、教科新設については国が定めるところとなります。 修正はありません。
読書ノートの導入 計画案にあるように、読書の記録や感想などを書き込む読書手帳の活用を促進していきます。 修正はありません。
正規職の学校図書館司書の導入 学校図書室の整備や子どもへの図書紹介など、子どもの読書活動支援という役割を担う学校司書の重要性は、十分認識しているところです。職員の採用方式も含め、計画案にあるように、学校図書館司書の導入を検討してまいります。 修正はありません。
定期的な研修会の開催 現在も教育センターが、毎年市内小・中学校の司書教諭を対象に、図書館講座を開催しています。計画案にあるように、読書関係職員の研修の充実を図ってまいります。 修正はありません。
学校における朝読書の充実 朝読書は、市内の小・中学校でも多く取り組まれています。本計画実施を契機にして、朝読書の意義を再度確認し、これからも本好きの子どもを育てるために朝読書の充実に努めてまいります。 修正はありません。
一人一人に合った本の紹介 子どもの読書習慣づくりには、子どもが読みたいと思う本を身近に置く、紹介する、そうした取り組みは非常に大切です。学校や図書館などで、一人でも多くのお子さんに、本を読む楽しさを実感してもらいたいと考えています。
今回の推進計画に掲げてある「年代別おすすめリストの作成」「絵本で子育てキャンペーン」「家読(うちどく)推進」などの取り組みを通して、子どもに合った本を紹介する機会を増やし、子どもの読書習慣づくりに努めてまいります。
修正はありません。

意見募集の概要

「柏崎市子ども読書活動推進計画(案)」の意見を募集します。(平成27年1月13日まで)【終了しました】

募集期間

平成26年12月16日(火曜日)~平成27年1月13日(火曜日)

提出方法

持参、郵送、ファクス、Eメール

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会図書館資料係

新潟県柏崎市学校町2番47号

電話番号:0257-22-2928

ファクス:0257-21-2936

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?