ホーム > 観光 > 知る > 柏崎の魅力 > 柏崎の魅力vol.7 「海の柏崎」を支える水産業

ここから本文です。

更新日:2015年10月6日

柏崎の魅力vol.7 「海の柏崎」を支える水産業

「柏崎の魅力」バナー画像(広報かしわざき 2015年10月5日号掲載記事)


柏崎の水産物と聞いて「鯛」や「モズク」を連想する方が多いと思いますが、他にもヒラメやカレイ、高級魚として注目されているノドグロやアラ(スズキ科の魚)などが水揚げされています。

柏崎の水産業は、高齢化などによって年々、漁業者が減少し、後継者などの人材育成が課題の一つになっています。

また、水産資源には限りがあります。水産関係者は毎年、ヒラメの種苗放流や鮭のふ化放流などを行っています。

このような地道な取り組みのおかげで、年間200トン前後の漁獲量を維持しています。

▼港に戻る漁船

写真:青空の下、白い漁船がゆっくりと港の中へ入ってきました

▼水揚げされたノドグロ

写真:水揚げされたばかりのノドグロは、青いコンテナに入れられて運ばれます

これらの水産物は、多くの市内飲食店で旬の地魚を使った料理として楽しむことができるほか、市内のスーパーなどで販売され、家庭でもおいしくいただくことができます。

市ホームページでは、地魚を使った料理のレシピを掲載しています。ぜひ作って食べてみてください。

▼ホウボウなどの地魚料理

写真:6つの小鉢に、ホウボウなどの地魚のほか、柏崎産のカイやエビなどを使った料理が乗せられています。

▼カキとモズク

写真:カキの殻の上に、肉厚な生ガキとモズク、レモン、飾り切りになったキュウリが乗せられ、目にも鮮やかになっている

▼鯛めし

写真:鯛のだしで薄く色づくご飯の上に乗せられた、鯛の切り身や昆布のつくだ煮、エビ、山菜などが彩りを添えています。

▼鯛のどぐろのあぶり寿司

写真:香ばしくあぶられたのどぐろのあぶり寿司は、食欲をそそります。

お問い合わせ

  • 総合企画部企画政策課企画係
    新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階
    電話番号:0257-21-2321
    ファクス:0257-32-3303
  • 産業振興部農林水産課水産係
    新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階
    電話番号:0257-43-9131
    ファクス:0257-24-7714

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部元気発信課情報発信係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2311

ファクス:0257-23-5112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?