ホーム > 観光 > 見る > 史跡・神社・仏閣 > 名所・旧跡 > 柏崎市名所案内「陣屋跡(じんやあと)、柏崎県庁跡(かしわざきけんちょうあと)」

ここから本文です。

更新日:2017年6月9日

柏崎市名所案内「陣屋跡(じんやあと)、柏崎県庁跡(かしわざきけんちょうあと)」

2段の地形を利用して築造された陣屋

寛保元年(1741年)、白河へ領地を移された松平定賢は、これまでの扇町陣屋(現在の西本町一丁目の喬柏園付近)を廃止し、翌年、領内221箇村の総支配所として、東西100間、南北50間、総坪数5千坪の柏崎陣屋を大久保の高台に移しました。

陣屋内には、越後領を支配する御役所、天領を預かる預役所、各郡代官の詰める刈羽会所などの諸役所、郡代を筆頭にした役人とその家族の住む長屋などがありました。
明治に入ると、柏崎県庁がここに置かれましたが、柏崎県は明治6年6月、新潟県に統合されました。

柏崎陣屋跡、柏崎県庁跡と記された石碑

写真:現在は住宅地の中に石碑があるだけで、建物などは残されていません

柏崎市指定文化財(記念物・史跡)

  • 名称:陣屋跡及び柏崎県庁跡
  • 指定年月日:昭和51年2月20日指定

所在地

柏崎市大久保2丁目511

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部商業観光課観光振興係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2334

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?