ホーム > 観光 > 見る > 史跡・神社・仏閣 > 名所・旧跡 > 柏崎市名所案内「松田伝十郎の碑」

ここから本文です。

更新日:2015年2月13日

柏崎市名所案内「松田伝十郎の碑」

樺太が離島であることを最初に発見 

松田伝十郎は、明和6年(1769年)頚城郡鉢崎(現在の柏崎市米山町)に生まれ、後に樺太が離島であることを最初に確認した人物です。松田の確認後、現地探検を行った間宮林蔵が対岸まで渡航調査したことにより、海峡名が「間宮海峡」となりました。

日本海に臨む米山福浦八景の一つである聖が鼻に松田伝十郎偉業顕頌碑が建てられていましたが、平成19年の新潟県中越沖地震で発生した土砂崩れにより埋もれてしまいました。

その後、土砂に埋まった碑は引き上げられ、平成22年3月に聖が鼻に再建されました。

▼聖が鼻(米山福浦八景)にある松田伝十郎の碑

写真:松田伝十郎の碑は、米山町内会が、聖ヶ鼻という岬の上に建立しました

所在地

柏崎市米山町地内

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部商業観光課観光振興係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2334

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?