ホーム > 観光 > 見る > 史跡・神社・仏閣 > 名所・旧跡 > 柏崎市名所案内「釈迦堂跡(しゃかどうあと)」

ここから本文です。

更新日:2015年2月13日

柏崎市名所案内「釈迦堂跡(しゃかどうあと)」

貞心尼が庵主となった釈迦堂

釈迦堂は、天保3年(1832)に創建された浄土寺の末庵ですが、良寛と親交の深かった貞心尼が住んでいたことで知られています。

貞心尼は、天保9年(1838)眠龍尼が示寂された後、長岡の閻魔堂からこの庵に移り、専ら心龍尼(眠龍尼の妹)を師事しました。天保11年(1840)には心龍尼が示寂されたことを受けて住庵し、翌年(1841)洞雲寺二十五世泰禅和尚から得度を受け、正式に釈迦堂の庵主となりました。しかし、嘉永4年(1851)10年間住んだ釈迦堂が類焼したことにより、同年「不求庵(ふぐあん)」に移り住んだと云われています。

その後、再建された釈迦堂は、貞心尼に入門(安政6年(1859))した智譲尼が庵主となりました。
昭和14年に浄土寺を離れた釈迦堂は、禅宗の庵寺となりましたが、昭和54年11月には道路拡張のため壊され、現在はその跡を残すのみとなっています。

▼釈迦堂跡の案内看板

写真:釈迦堂跡は道路に面しており、道路側には案内看板がある

▼釈迦堂跡

写真:釈迦堂跡は整地してあり、大切に管理されています

▼釈迦堂跡の石仏群

 写真:釈迦堂跡には、お地蔵さんなどの石仏が並んでいる

所在地

柏崎市東本町一丁目16

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部商業観光課観光振興係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2334

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?