ホーム > 観光 > 見る > 史跡・神社・仏閣 > 名所・旧跡 > 柏崎市名所案内「安田城址(やすだじょうし)」

ここから本文です。

更新日:2015年2月16日

柏崎市名所案内「安田城址(やすだじょうし)」

鎌倉幕府の名臣大江広元の系統を受け継ぐ安田憲朝が築いた城

安田城は、大江系毛利氏の系統を受け継ぐ安田憲朝が築いた城です。現在は、安田の城之組集落内の安田城跡公園にあり、東屋や石碑が整備されています。

公園は、軽井川を中心とした鵜川と鯖石川の間に広がる標高30〜50メートルの山並の東端にあり、東方には鯖石川を隔てて北条城、北方には工業団地があります。

本丸は、中央の南北90メートル程の曲輪で、標高は51メートル、周囲の水田からの比高は35メートルほどです。
東側には小曲輪があり、虎口となっています。ここを通じる道以外は、城本来のものと考えない方がいいようです。
周囲は、7〜10メートルの大切崖となっていて、南側は大空堀で背後を断ち切っています。その堀底から東下の集落内に下る道が搦手であるといわれていて、この大空堀の南側にも二条の空堀があり、両側の斜面に延びています。
本丸の東下は、二の丸とされていますが、現在は遊園地となっています。その南端は、本丸裾からの大土塁で、空堀内と道から曲輪内を遮蔽しています。北端は、尾根を空堀で切り、そこから民家が背後に下っています。これが大手道と考えられています。この民家は家号「オヤシキ」といい、この二の丸下に居館のあったことが想像されます。

安田氏は、源頼朝に仕えた鎌倉幕府の名臣大江広元の系統を受け継いでいます。

広元の四男季光は広元から相模国毛利庄を相続したことから毛利氏を称するようになり、季光の孫(経光の長男)基親は越後国系毛利氏の祖となりました。

経光の四男時親は、戦国時代に中国地方を領した安芸国系毛利氏の祖となっています。その後、越後毛利氏は、越後北条氏と安田氏に分かれ、安田氏は上杉謙信らに従い戦国時代を生き抜き、最後は上杉景勝とともに会津に移り住み、安田家は代々にわたって続いていくことになります。 

▼安田城址の石碑
写真:高台に安田城址と刻まれた石碑があり、その背後には市街地が広がって見えます

▼安田城本丸跡
写真:平らな場所には木々が並びんでおり、案内の看板が建っています

▼安田城址へ続く林道
写真:切り通し状になっており、両脇に雑木が広がります

場所

柏崎市大字安田字南谷地内

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部商業観光課観光振興係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2334

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?