ホーム > くらし > U・Iターン > U・Iターンのススメ > 柏崎暮らしと東京暮らし徹底比較!

ここから本文です。

更新日:2019年1月1日

柏崎暮らしと東京暮らし徹底比較!

柏崎暮らしと東京暮らしのランキングを比較!

住みやすさランキング(2017年度)

  • 柏崎市:全国89位(814市町村中)(東洋経済『都市データバック2017年版』)

時間

通勤時間は全国1位の短さ!

余った時間を他のことに充てられます!

通勤平均時間(夫)の短さ

  • 新潟県:全国1位(55分)
  • 東京都:全国42位(98分)

(総務省「平成28年社会生活基本調査(行動者平均時間・平日・夫有業、妻無職)」)

休養・くつろぎ

  • 新潟県:100分
  • 東京都:95分

(総務省「平成28年社会生活基本調査(行動者平均時間・男女総数(10歳以上))」)

仕事

正規雇用率はなんと7割を超えていて、東京よりも高い水準です。

正規雇用率

  • 柏崎市:71パーセント
  • 東京都:66パーセント

(総務省「国勢調査」(平成27年))

平均初任給(大卒)

  • 新潟県:187,800円
  • 東京都:216,000円

(厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(平成28年))

子育て

柏崎は保育園も児童クラブも待機児童ゼロ!

子育てしながら共働きがしやすいです!

待機児童数

  • 柏崎市:0人
  • 東京都:8,586人(東京都ホームページ(平成29年4月))

児童クラブ待機児童数(平成28年度)

  • 柏崎市:0人
  • 東京都:3,317人

(厚生労働省「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」(平成29年))

 

子どものいる夫婦の共働き率

  • 柏崎市:60パーセント
  • 東京(都全域):45.6パーセント

(総務省「平成27年国勢調査」)

子どもの運動能力

  • 中学男子(新潟県):全国3位
  • 中学女子(新潟県):全国6位

(文部科学省「全国体力・運動習慣等調査(公立学校平均点・平成27年)」)

柏崎暮らしと東京暮らしの家計簿を比較!

柏崎での暮らしと都会での暮らし。住みやすいのはどっち?

データをもとに徹底比較します。

モデル世帯

家計簿比較(家族)

  • 夫:製造業、30~34才、大学・大学院卒平均賃金
  • 妻:卸売業・小売業、25~29才、高専・短大卒平均賃金
  • 住宅:賃貸住宅(面積45平方メートル)

(平成27年3月 経済産業省 生活コストの「見える化」システムより)

家計簿比較

  • 収入は東京都のほうが多いですが、支出は柏崎のほうが断然少ないですよ!
  • 差し引きすると、柏崎のほうが月28,219円余力があります
  柏崎市
(月額平均)
東京都世田谷区
(月額平均)

収入(世帯計)

606,667円

793,750円

支出(世帯計)

502,605円

717,907円

消費支出

366,897円

527,148円

消費支出:食料

74,685円

86,083円

消費支出:住居(ローンや家賃など)

75,113円

182,405円

消費支出:住居(設備修繕・維持)

4,541円

4,635円

消費支出:光熱・水道

22,103円

22,169円

消費支出:家具・家事用品

10,671円

11,215円

消費支出:被服および履物

14,278円

22,705円

消費支出:保険医療

11,714円

12,854円

消費支出:交通・通信

54,214円

67,507円

消費支出:教育

19,427円

26,592円

消費支出:教養娯楽

41,692円

49,259円

消費支出:その他の消費支出

37,914円

41,724円

非消費支出

135,708円

190,759円

非消費支出:直接税

51,946円

82,399円

非消費支出:社会保険料

83,762円

108,360円

差し引き

104,062円

75,843円

柏崎暮らしのQ&A

分からないことは何でも聞いてください!

気になる質問、疑問を柏崎市役所元気発信課の佐藤さんと今井さんがお答えします。

U・Iターンされた方の家賃や家の購入費などを補助する窓口を担当しています。移住を増やすには、まず住んでいる人の暮らしが良いものである事が大切ではないでしょうか。地域それぞれの特徴を生かした良いまちづくりができればと思っています。(佐藤 義孝さん)

U・Iターンを考えている方の相談窓口として、仕事や住まいに関する情報を提供し支援しています。柏崎はお祭りやイベントも多く、人と繋がりやすい環境があると思うので、ぜひ楽しんでいただきたいです。(今井 由衣さん)

柏崎暮らしのQ&A

Q. 柏崎の家賃相場ってどのくらい?

A.予算は55,000~60,000円くらい

柏崎市内の不動産業者さんによると、ファミリー層が賃貸住宅を探す時は55,000~60,000円くらいを予算としていることが多いそうです。
間取りや築年数で家賃は変わるので、一概には言えませんが、柏崎市は賃貸住宅に居住するU・Iターンされた方を補助金で支援しています。

Q. 柏崎市内の企業の給与の相場は?

A.20万円後半~35万円前後くらい

経験、年齢や能力によりますが、大学・大学院卒の30~34才で、各業種について以下のとおりです。
※直接税・社会保険料が控除される前の金額です。

  • 医療・福祉:平均月収342,167円
  • 建設業:平均月収351,750円
  • 宿泊業・飲食サービス業:平均月収278,667円

(平成27年3月 経済産業省 生活コスト「見える化」システムより)

 

Q. 子どもの医療費は何才まで助成を受けられますか?

A.通院は中学校卒業まで、入院は高校卒業まで

通院は、中学校卒業まで、窓口支払額の上限が1回につき530円です(一つの医療機関で月5回目以降は無料。)。入院は、高校卒業まで一日1,200円です。

Q. 柏崎は電気料の負担が少ないと聞いたけど?

A.原子力立地給付金が支給されます

柏崎市には原子力立地の給付金があります。10月1日を基準に、国の制度に基づいて、一般家庭18,912円(年額・平成29年度旧柏崎地域実績)が給付されています。

 

Q. マイカーは必要ですか?

A.あると便利!

マイカーがあると、海も山もある柏崎での生活を、一層エンジョイできます♪

Q. 休みの日に楽しめるところはありますか?

A.自然の中でのレジャーはもちろん、ショッピングも楽しめます!

柏崎は、少し車を走らせれば海にも山にもすぐに行けるので、海ではシーカヤックやサップ、山では登山を楽しむことができます。

ショッピングを楽しみたい時は、高速道路を利用すれば新潟市まで車で1時間くらいで行くこともできます。また、柏崎はイベントが多いまちでもあるので、いろんなイベントに参加してみるの楽しいですよ♪

 

Q. 柏崎のスポーツ環境は充実していますか?

A.充実しています!

柏崎には野球場・サッカー場・陸上競技場・総合体育館・プールなどスポーツ施設があります。プールは冬季には新潟県内でも2か所しかないアイスリンクになり、スケートを楽しむこともできちゃいます♪

また、柏崎は昔から水球協議が盛んで、小学生から大人までの水球チームがあるので、水球にチャレンジするのもいいかもしれません。

 

U・Iターン相談ならこちら

柏崎U・Iターン情報ステーション(柏崎市役所 元気発信課内)

  • 住所:〒945-8511 新潟県柏崎市中央町5-50
  • 電話番号:0257-47-7333
  • ファクス:0257-23-5112

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部元気発信課定住促進係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2311

ファクス:0257-23-5112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?