ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > ライフセービング・ビーチサッカー > 全日本ライフセービング選手権大会で準優勝した2選手が市役所を訪問しました

ここから本文です。

更新日:2018年10月31日

全日本ライフセービング選手権大会で準優勝した2選手が市役所を訪問しました

第44回全日本ライフセービング選手権大会で入賞した、柏崎ライフセービングクラブ所属の加藤豪(かとう ごう)選手と池谷雅美(いけたに まさみ)選手が、大会結果を報告するため、平成30年10月30日(火曜日)に市役所を訪問しました。

この大会には、全国で63チーム、1291人のライフセーバーが出場しました。加藤豪選手はボードレース男子で初の準優勝、池谷雅美選手はビーチフラッグス女子で準優勝に輝きました。

今大会で準優勝し、全日本ライフセービング選手権大会で通算22回の優勝を数える池谷雅美選手は、「来年は優勝を目指します。まだまだ若い世代と競い合えることを示したい」と意気込みを語りました。

写真:市長に大会結果報告をしています

訪問の様子

写真:左から教育長、池谷選手、加藤選手、市長

左から教育長、池谷雅美選手、加藤豪選手、市長

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会スポーツ振興課 

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 教育分館2階

電話番号:0257-20-7010

ファクス:0257-23-0881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?