ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > ライフセービング・ビーチサッカー > ライフセービングワールドチャンピオンシップ2016のユース日本代表に柏崎から2名の選手が選ばれました

ここから本文です。

更新日:2016年7月26日

ライフセービングワールドチャンピオンシップ2016のユース日本代表に柏崎から2名の選手が選ばれました

平成28年9月1日(木曜日)から18日(日曜日)まで、オランダのアイントホーフェン、ノールドワイクで開催される「ライフセービングワールドチャンピオンシップ2016」のユース日本代表に柏崎から2名の選手が選ばれました。またユース日本代表の監督として青木克浩さんが選ばれました。

ユース日本代表に選出されたのは、以下の2選手です。

  • 片山雄起選手(新潟産業大学1年)
  • 加藤豪選手(新潟産業大学付属高校3年)

写真:浜辺でボードを持った男性が立っています

左から片山選手、加藤選手、青木監督

写真:浜辺でボードを持った男性2人が走っています

片山選手、加藤選手(ボートレスキューレース)

片山選手、加藤選手は、「ボードレース」と「オーシャンマンレース」を得意としています。6月に行われた第29回全日本ライフセービング種目別選手権大会で「オーシャンマン」で加藤選手、片山選手ともに入賞しました。これらの種目を含め、同大会は全9種目でに出場します。

ライフセービングワールドチャンピオンシップ2016

日時

平成28年9月1日(木曜日)から18日(日曜日)まで

会場

オランダ(アイントホーフェン、ノールドワイク)

 

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会スポーツ振興課 

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 教育分館2階

電話番号:0257-20-7010

ファクス:0257-23-0881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?