ホーム > よくある質問 > まち・環境 > 上下水道局 > 蛇口からでる水道水の水質(色や臭い、味など)について教えてください

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

蛇口からでる水道水の水質(色や臭い、味など)について教えてください

質問

蛇口からでる水道水の水質(色や臭い、味など)について教えてください

回答

給水栓は、給水区域内の色度、濁度、残留塩素(消毒効果)について、毎日測定していますので安心してご利用いただけます。
ご心配なことがある場合は、以下の説明と対処法をご覧ください。

【水の色が赤い場合】
◆使い始めだけに色が付く場合
長い時間、家の中の配管に滞留したことで、管内に付着した鉄さびが流れ出たためと考えられます。
多量の赤水あるいは鉄の濃度が異常に高い赤水を飲用した場合は、嘔吐(おうと)や下痢を催すことがありますので、特に幼児には注意が必要です。
ただし、鉄は人体への吸収率が低く、大部分が排出されますので、少量の赤水を誤って飲んでしまったとしても、直ちに有害ということはなく、特に心配はありません。

◆常に赤い水が出る場合
家の中の配管全体が老朽化し、さび付いていることが考えられます。
その場合は、家の中の配管を取り替えることをおすすめします。
取り替える場合は、屋内配管に使用される管は多種ありますので、その特徴を理解した上で選ぶことが大切です。

【水が白く濁っている場合】
蛇口からでた水が白く濁って見えるほとんどのケースでは、しばらく置いておくと色が消えてしまいます。
これは圧力がかかった水道管の中で、水に溶けていた空気が、蛇口を開けることで開放され、気泡となることにより見られる現象です。
衛生上は、全く問題ありません。

【水が青い場合】
浴槽やタオルが青くなるケースでは、配管に使われている銅が溶けだし、浴槽やタオルに付着しているせっけんや汚れの成分と反応し、青色のいわゆる「銅せっけん」が生成したことが考えられます。
容器やタオルにせっけんや汚れが残らないようにこまめに洗浄していれば大丈夫です。

【水まわりが桃色になる】
空気中の雑菌が浴槽やトイレなどの水まわりで繁殖し、桃色や赤の色素を産出したことが考えられます。
これらの雑菌は病原菌ではありませんが、こまめに清掃することと、日頃から換気をよくして湿気を減らすことにより予防することができます。

【水まわりに白いものがつく】
水道水が蒸発した後に残ったカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分と考えられます。
やかんや加湿器の噴き出し口などの水の蒸発・乾燥が繰り返される部分に白く付着していきます。
こまめに清掃することをおすすめします。

【塩素臭い】
水道の水を安全にするために、塩素による殺菌を行っているためです。
どうしても塩素の臭いが気になる場合は、いったん水を沸騰させると臭いはなくなります。

【灯油臭い】
外の灯油のタンクや配管から灯油が漏れ、土中の水道管が灯油で浸されて中の水道水に臭いが付いたことが考えられます。
その場合は、油の浸透した土を取り替え、臭いが消えるまで水を流してください。
灯油タンクや配管は水道管と離れた位置に設置することをおすすめします。

【金属的なにおいや味がする】
家の中の配管に、鉄や銅などの金属が使用されている場合は、朝の出し始めなど管内に長時間滞留した水に金属のにおいや味が付いていることがあります。
長時間滞留した水はしばらく流してから利用した方がよいでしょう。

以上のご説明をお読みになっても、心配なことがある場合は、赤坂山浄水場までお問い合わせください。

お問い合わせ

上下水道局施設維持課水質検査係

新潟県柏崎市新赤坂一丁目1番62号 赤坂山浄水場

電話番号:0257-22-0007

ファクス:0257-22-0169

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?