ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > 水球-水球のまち推進室 > ホストタウン事業における事前キャンプ誘致のためセルビア共和国とモンテネグロを訪問しました

ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

ホストタウン事業における事前キャンプ誘致のためセルビア共和国とモンテネグロを訪問しました

平成30年7月3日(火曜日)から4日(水曜日)までの2日間、セルビア共和国とモンテネグロへ水球のまち推進室長が渡航し、東京2020大会および2019年の韓国光州世界水泳に向けた事前キャンプ地誘致に向け、両国と協議を行いました。

7月3日(火曜日)モンテネグロ

コトル市長、コトル市スポーツ課長表敬訪問

モンテネグロ水泳連盟の紹介でコトル市役所を訪問しました。コトル市長は、コトル市は現在中国と友好都市交流をし、合唱団が隔年で相手国に訪問し交流を図っており、柏崎市ともスポーツや文化の交流が出来ればとお話しされました。

コトル市役所を訪問し、コトル市長、コトル市スポーツ課長、モンテネグロ水泳連盟の方と記念撮影を行いました

左から3番目がスポーツ課長のSlobodan Macicem氏、5番目がコトル市長のVadimir Jokic氏

 

モンテネグロ水泳連盟

柏崎市での事前キャンプについて提案を行いました。モンテネグロ水泳連盟からは、水球だけでなく、文化など交流の幅を広げていけたらとお話しがありました。

写真:モンテネグロ水泳連盟の方々と記念撮影を行いました。

左から3番目がヘッドコーチのViadimir Gojkovic氏、 5番目がCEOのRadovan Milinic氏、6番目が水球委員のDragan Samardzic氏

7月4日(水曜日)セルビア共和国

柏崎市での事前キャンプについて提案を行いました。セルビア水球連盟からは、各種水球交流についても要望があれば考えたいとお話しがありました。

写真:セルビア共和国水球連盟のお二方と記念撮影を行いました。

 一番左が会長のViktor Jelenic氏、一番右が連盟役員のDejan Perisic氏

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会水球のまち推進室 

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 教育分館2階

電話番号:0257-41-4020

ファクス:0257-23-0881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?