ホーム > 原子力 > 柏崎刈羽原子力発電所の状況 > 放射線業務従事者の放射線被ばく量管理状況・放射性固体廃棄物の保管状況

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

放射線業務従事者の放射線被ばく量管理状況・放射性固体廃棄物の保管状況

放射線業務従事者の放射線被ばく量管理状況

放射線業務従事者は、法令(電離放射線障害防止規則)により放射線被ばく量の限度が5年間で100ミリシーベルト以下、かつ1年間で50ミリシーベルト以下と定められています。

28_被ばく量管理状況

放射性固体廃棄物の保管状況

発電所で発生した放射性廃棄物のうち、放射線のレベルが低い低レベル放射性廃棄物は200リットルドラム缶に入れられるなどして、発電所構内の固体廃棄物貯蔵庫(容量45,000本)で保管されています。

28_廃棄物の保管状況

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?