ここから本文です。

更新日:2015年1月19日

用地買収・漁業補償

用地買収

経過概要

昭44年11月5日
柏崎・刈羽地点原子力準備事務所開設

昭44年11月~45年4月
用地買収に必要な調査実施

昭45年3月16日
東京電力 地権者に土地買収協力依頼

昭和45年6月12日
東京電力 地権者に土地買収価格提示、交渉に入る
(交渉主体 刈羽村地権者連盟連合協議会)

昭和45年8月21日
地権者連盟 刈羽村長にあっせん方依頼

昭和45年10月21日
市長、村長 地元選出3県議あっせん開始

昭和45年11月5日
あっせん価格により地権者連盟・会社両者間で合意
(土地価格:山林坪2,500円、畑坪2,963円)

敷地

用地買収した面積

用地

面積

民有地

3,967,811平方メートル

国有浜地

53,424平方メートル

市有地

282,809平方メートル

合計

4,304,044平方メートル

地権者

原子力発電所用地
431人(内訳:柏崎市80人、刈羽村252人、その他99人)、官公有地4

進入路用地
100人(内訳:柏崎市5人、刈羽村87人、その他8人)

漁業補償

経過概要

昭45年1月14日
漁協 県漁連を窓口に対策協議会を設置し対応

昭和45年2月19日
東京電力 県漁連、柏崎・出雲崎漁協に対し海象調査申し入れ

昭和45年5月26日
東京電力申し入れの海象調査について妥結

昭和45年7月1日
東京電力 海象調査開始

昭和49年4月27日
漁業補償 知事あっせんにより妥結・調印

昭和61年10月14日
東京電力 柏崎・出雲崎両漁協に6、7号機増設説明

昭和61年12月20日
柏崎・出雲崎両漁協 漁業振興協力金交渉で合意・調印

漁業補償の内容

  • 調印年月日:昭和49年4月27日
  • 対象:柏崎漁業協同組合、出雲崎漁業協同組合
  • 補償金・転廃業資金・漁業関連費用

補償金・転廃業資金・漁業関連費用

金額

補償金

39億8,000万円

転廃業資金

7,500万円

漁業関連費用

1億7,000万円

合計

42億2,500万円

  • 漁業権消滅海域:約1,650メートル×5,750メートル

漁業振興協力金の内容

  • 調印年月日:昭和61年12月20日
  • 協力金額
    柏崎漁業協同組合 1億3,300万円
    出雲崎漁業協同組合 1億2,300万円

漁業権消滅海域位置

地図:漁業権消滅海域位置図

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?