4月25日の新型コロナウイルス感染症患者の発生に伴う市長コメント

本日(4月25日土曜日)新潟県の検査により、柏崎市において新型コロナウイルス感染症患者が1 名確認されました。
新潟県内66例目であり、柏崎市内5例目です。
この5例目の発生に伴う柏崎市長のコメントをお知らせいたします。

内容

本日、柏崎市内新型コロナウイルス感染症患者5例目が確認された。
東京電力ホールディングス株式会社(以下東電)社員であった。
以下は、昨日受けた私の友人からのメールである。


お疲れ様です。
既にご存知のとおり、昨日の感染者の情報が今朝になって入ってきました。
同じビルに勤務しているお客様も数人いますので、用心の為、10日程度、営業を自粛する事にしました。市民の大半は、コロナについて調査や発表は県が主体!という事を知らないから、市長と東電は隠蔽している!って誤解してます。


東電には、新型コロナウイルス感染症対策について見直して頂きたい。従来の対策、体制が機能していたのか、なぜこのような事態となっているのか、徹底的な検証を迅速に行い、その結果ならびに新たな対策、体制を速やかに公表してもらいたい。同時に社員、関係会社社員、協力企業社員への新たな対策の徹底をお願いしたい。

今回の事態は柏崎市民の生活、経済活動に更なるマイナスを与え、東電に向けられる視線はこれまで以上に厳しいものになっている。

令和2(2020)年4月25日

柏崎市長 櫻井 雅浩

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理部 防災・原子力課

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2316/ファクス:0257-21-5980
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年04月25日