東京電力ホールディングス株式会社における新型コロナウイルス感染拡大防止対策に対する市長コメント

4月27日(月曜日)午後4時30分から、東京電力ホールディングス株式会社が行った記者会見で、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を公表しました。

この公表内容に対する市長コメントをお知らせします。

内容

小早川社長から「市民の皆さまに対して大変なご心配をおかけしていること」、「医療関係者の皆さまに大変なご負担をおかけしていること」に対し、「心よりお詫び申し上げます」との言葉があった。先ずは東電の率直な謝罪、誠実な言葉と評価したい。

会見のやり取りを聞いた感想を箇条書きにて記したい。

  1. 繰り返しになるが、5人の関係性、より詳細な行動履歴については把握できないのか、分からないのか、保健所との関係で話せないのか、承知していないが、いずれにせよこの辺が原因の究明に直結すると思われるので引き続き、出来得る限りの調査と公表をお願いしたい。
  2. 今後の社員、関係・協力企業社員に対する行動履歴の把握と行動自粛に関しては理解をした。
  3. 本日より5月10日までの工事件数80%、人員70%の縮小については残りの20%、30%が本当にこの時期必要なものか否かを更に確認し、極力小さなものとするべく努力願いたい。県外からの作業員の流入を認めないという方針は厳守してもらいたい。
  4. 医療機関への負担軽減に関しては、新潟県が所管する部分、また柏崎市の医療機関に関してそれぞれだが、東電並びに関係・協力企業社員に関することで柏崎の医療崩壊を誘引しないよう善処願いたい。

東京電力ホールディングス株式会社は、これまでの感染症対策に加え、更なる強化対策を示したわけであるが、この対策を社員およびその家族はもちろん、関係・協力企業においても徹底して実行していただきたい。そして、その実行が本当になされているか、随時確認するという姿勢が大切だと考える。

柏崎市長として、厳しく注視していく。

令和2(2020)年4月27日

柏崎市長 櫻井 雅浩

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理部 防災・原子力課

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2316/ファクス:0257-21-5980
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年04月27日