令和2(2020)年度冬季収蔵資料展「むかしのくらしと道具―子ども時代を支えたモノたち」

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止・変更する場合があります。

むかしの子どもは多忙でした。学校へ通いながら、家では仕事の手伝いや子守りをし、その合間に仲間と野山を走り回って遊びに熱中しました。

本展では、春夏秋冬を通して子どもたちのくらしを支えた道具を展示し、自然の中で生きる力を育んだ少しむかしの子どもたちの様子を紹介します。

展示の概要

会期

令和2(2020)年12月12日(土曜日)~令和3(2021)年3月14日(日曜日)

(注意)入館は午後4時30分まで。

休館日

  • 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)
  • 年末年始(12月29日~翌年1月3日)

会場

  • 特別展示室
  • エントランスホール

入場料

無料

(注意)常設展示やプラネタリウムなどをご覧になる場合は、入館料が必要です。

展示内容

  • 家で働く子どもたち:薪採り、子守り、わら打ちなど
  • 学校に通う子どもたち:教室、勉強、弁当など
  • 自然と遊ぶ子どもたち:外遊び、屋内遊びなど
  • 祭りの中の子どもたち:節句、虫送り、サイノカミなど

囲炉裏のある暮らしを再現した展示もあります。

わらぞり

ワラゾリ

うばぐるま

乳母車(うばぐるま)

irori

囲炉裏(いろり)のある展示

関連イベント

ワークショップ「藁(わら)のニイゴ(芯)で手ぼうき作り」

写真:小さなわらぼうき

ワラの芯を使って、手ぼうきを作ります。

  • 日時:令和3(2021)年2月6日(土曜日)午前9時30分~11時30分
  • 会場:柏崎市立博物館エントランスホール
  • 定員:15人(先着順)
  • 参加費:無料
  • 申込方法:令和3(2020)年1月16日(土曜日)までに、電話・ファクス・Eメールで、柏崎市立博物館へお申し込みください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 博物館 文化学芸係

〒945-0841
新潟県柏崎市緑町8番35号
電話:0257-22-0567/ファクス:0257-22-0568
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年12月03日