ホーム > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 地域で育む子ども育成事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

地域で育む子ども育成事業

親や大人が変わることにより、立派な「柏崎の子ども」を育成する

教育委員会では、今日的な青少年の問題行動や社会・経済問題化しているニートやフリーターの増加問題は、直接かかわりのある個人の問題としてではなく、青少年を取り巻く大人社会の問題として認識されなければならないとの視点にたち、親や地域が子どもとどういう態度でかかわればいいのかという問題意識をもち、実践する場として「地域で育む子ども育成事業」を平成18年度から立ち上げました。

子どもたちが、思いやりや協調性などを自ら考え、自ら協力する「生きる力」を養い、将来ニートやフリーターにならないよう目的を持った成人になるためにも、子どもを見守る親や大人の責任は重大であり、親や大人の意識向上も望まれています。

このため、親や大人が変わることにより立派な「柏崎の子ども」を育成するための事業を、柏崎市小中学校PTA連合会(市P連)と協力して展開していきます。

実施に際しては、事業内容の企画や運営についてを、親の集まりである市P連に委託し、地域の教育力向上にも寄与していきます。

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会文化・生涯学習課企画管理係

新潟県柏崎市東本町1丁目3番24号 市民プラザ

電話番号:0257-20-7500

ファクス:0257-22-2637

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?