令和2(2020)年度新潟県原子力防災訓練が実施されます【終了しました】

令和2(2020)年10月20日、24日に、新潟県原子力防災訓練が実施されます。

この訓練の中で、市は、市民参加による実動訓練を実施します。

柏崎刈羽原子力発電所から概ね5キロメートルから30キロメートルの範囲の避難準備区域(UPZ)では、屋内退避訓練を実施します。防災行政無線などによる屋内退避指示を合図に各ご家庭で屋内退避の行動をとっていただく訓練です。参加できる方は積極的に参加してください。

市民参加による実動訓練

実施日時

令和2(2020)年10月24日(土曜日)午前8時30分開始

訓練内容

即時避難区域(PAZ)住民避難訓練

訓練対象

PAZ地区(二田地区、荒浜地区、中通地区)の訓練参加者(各地区で事前に参加調整した方)

内容
  1. 午前9時の防災行政無線による避難指示を合図に、訓練参加者は自宅から集合場所へ歩いて移動
  2. 集合場所で安定ヨウ素剤の緊急配布訓練を実施
  3. 県が手配したバスで、避難先(村上市、糸魚川市、湯沢町)の避難経由所へ移動
  4. 避難経由所で、柏崎市と避難先市の職員による避難者受け付け訓練を実施
  5. 避難経由所での訓練終了後、避難所へ移動し、避難者受け付け訓練を実施

避難準備区域(UPZ)屋内退避訓練

訓練対象

全地区の住民の方(PAZ(高浜、荒浜、松波、南部、二田、中通、西中通地区)を除く)

内容

午前9時の防災行政無線などによる屋内退避指示を合図に、ご自宅などで、窓を閉める、エアコンのスイッチを切る、換気扇を止めるなど、外気を家の中に取り込まないようにして、屋内退避訓練を30分間実施してください。

屋内退避の方法は、防災ガイドブック(原子力災害編)19ページをご確認ください。

避難準備区域(UPZ)一時移転訓練

訓練対象

枇杷島地区の訓練参加者(地区で事前に参加調整した方)

内容
  1. 午前9時30分の防災行政無線による一時移転指示を合図に、訓練参加者は自宅から集合場所へ歩いて移動
  2. 集合場所で安定ヨウ素剤の緊急配布訓練を実施
  3. 県が手配したバスで、避難先(糸魚川市)へ移動
  4. 避難先へ向かう途中、スクリーニングポイントにおいて、スクリーニング・簡易除染訓練を実施し、避難経由所へ移動
  5. 避難経由所で、柏崎市と避難先市の職員による避難者受け付け訓練を実施
  6. 避難経由所での訓練終了後、避難所へ移動し、避難者受け付け訓練を実施

訓練想定

柏崎市、刈羽村などで震度6強の地震が発生し、唯一運転中の柏崎刈羽原子力発電所7号機において、原子炉が自動停止。その後、炉心冷却機能の一部が喪失し施設敷地緊急事態となり、炉心冷却機能が喪失し全面緊急事態となる。その後、炉心が損傷し、放射性物質が放出され、一時移転が必要な空間放射線量の上昇が認められた状況になる。

訓練用の緊急速報メール・エリアメールを配信

10月24日(土曜日)午前9時に、全市一斉に防災行政無線と緊急速報メール・エリアメールで「即時避難区域(PAZ)の避難指示」と「避難準備区域(UPZ)の屋内退避指示」をお知らせします。

緊急速報メール・エリアメールの受信を拒否したい方は、あらかじめ携帯電話やスマートフォンの電源をお切りください。

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理部 防災・原子力課 原子力安全係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2323/ファクス:0257-21-5980
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年10月25日