ホーム > くらし > 動物・植物 > ペット > 猫は室内で飼いましょう

ここから本文です。

更新日:2018年5月16日

猫は室内で飼いましょう

猫は外で飼うのが当たり前と思われていますが、隣家に浸入して家の中を汚したり、網戸を引っかいて破るなど、ご近所に被害を与えている場合があります。また、猫は繁殖力が強く、避妊・去勢手術をしていない猫を外に出すと、野良猫が増える原因となります。

家の中にトイレと立体的な運動ができる場所を用意すれば、猫も家の中で飼うことができます。家の中で飼えば、交通事故に遭ったり感染症にかかることもなく安全です。

外で猫を飼う場合は必ず避妊・去勢手術を行ってください。また、飼い猫であることを明示する首輪をつけましょう。

猫を捨てないでください

動物をいじめたり捨てたりすると罰金が課せられます。望まない子猫を作らないよう、避妊・去勢手術を行ってください。

やむを得ず飼えなくなったときは柏崎地域振興局健康福祉部(保健所)で引き取りますが、なるべく新しい飼い主を探しましょう。

生まれてきた子猫の飼い主を全て見つけることは大変難しく、たくさんの子猫たちが処分されています。

飼い猫が逃げ出した場合

柏崎地域振興局健康福祉部(電話0257-22-4180)に連絡してください。

野良猫と区別するため、飼い猫には首輪をつけましょう。

道路上に猫などの死体があった場合

クリーンセンター(電話0257-23-5170)に連絡してください。

 

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部市民課住民記録係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2200

ファクス:0257-21-2528

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?