ホーム > 市政情報 > 情報政策 > 社会保障・税番号制度 > マイナンバー制度における独自利用事務

ここから本文です。

更新日:2019年1月8日

マイナンバー制度における独自利用事務

独自利用事務の概要

柏崎市では、行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用などに関する法律(番号法)に規定された事務(法定利用事務)以外のマイナンバーを利用する事務(独自利用事務)を、番号法第9条第2項に基づき、条例で定めています。

この独自利用事務について、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを利用した他の地方公共団体などとの情報連携が可能とされています。

情報連携に係る届け出書

柏崎市の独自利用事務のうち、他の地方公共団体などと情報連携を行うものは、次のとおり個人情報保護委員会へ届け出を行っており、承認されています。

執行機関(柏崎市長)

届け出番号

1

独自利用事務の名称(届け出書)

新潟県柏崎市妊産婦および子どもの医療費助成に関する条例(昭和58年条例第7号)による妊産婦および子どもに対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの(別ウィンドウで開きます)(PDF:84KB)

関連規範

届け出番号

2

独自利用事務の名称(届け出書)

生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置に関する事務であって規則で定めるもの(別ウィンドウで開きます)(PDF:236KB)

関連規範
  • 生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について(昭和29年5月8日社発第382号)

届け出番号

3

独自利用事務の名称(届け出書)

ひとり親家庭の父または母および児童などに対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの(別ウィンドウで開きます)(PDF:98KB)

関連規範

届け出番号

4

独自利用事務の名称(届け出書)

重度心身障がい者に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの(別ウィンドウで開きます)(PDF:92KB)

関連規範

届け出番号

5

独自利用事務の名称(届け出書)

ひとり親家庭の父または母および児童などに対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの(別ウィンドウで開きます)(PDF:57KB)

関連規範

執行機関(柏崎市教育委員会)

届け出番号

1

独自利用事務の名称(届け出書)

要保護・準要保護児童生徒に対する就学援助の実施に関する事務であって規則で定めるもの(別ウィンドウで開きます)(PDF:74KB)

関連規範

届け出番号

2

独自利用事務の名称(届け出書)

被災児童生徒に対する就学援助の実施に関する事務であって規則で定めるもの(別ウィンドウで開きます)(PDF:74KB)

関連規範

 

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合企画部企画政策課情報統計班

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-43-9142

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?