モノが語る戦争の記憶

更新日:2020年08月05日

日中・太平洋戦争は、当時の市民に大きな苦難を与えました。終戦から75年、当館が収蔵する千人針や出征兵士の書簡類をはじめ、赤坂山の傷痍軍人新潟療養所(現・新潟病院の前身)や満州柏崎村の地図・写真、さらに物資不足による代用品などを展示します。

戦時下の厳しい暮らしを伝える資料を通し、戦争に巻き込まれた人々の暮らしや想いを紹介します。

千人針

千人針(腹巻の中心には無事を祈るまじないの「五銭銅貨」が縫い付けられている)

柏崎市防空計画要図

柏崎市防空計画要図(空襲に備えて昭和15年頃に作られたもの)

開催概要

会期

令和2(2020)年8月8日(土曜日)~8月30日(日曜日)の午前9時~午後5時

休館日

8月11日(火曜日)、8月17日(月曜日)、8月24日(月曜日)

場所

柏崎市立博物館 1階エントランスホール

入場料

無料

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 博物館 文化学芸係

〒945-0841
新潟県柏崎市緑町8番35号
電話:0257-22-0567/ファクス:0257-22-0568
お問い合わせフォームはこちら