令和4年度昆虫標本づくり教室を開催しました

更新日:2022年10月19日

昆虫標本づくり教室でトンボを採集し三角紙に収めた様子

採集したトンボを三角紙に収めました

トンボの展翅が終了した様子

トンボの形を整えて翅(はね)の固定が終了

さわやかなお天気に恵まれた昆虫標本づくり教室は、10組のご家族がチョウとトンボを相手に真剣勝負の2時間を過ごしました。

教室では採集した昆虫の下処理の方法から、形を整えて固定する展翅(てんし)、名前の調べ方や標本箱に並べるときのコツに至る全ての作業を学びました。
クッションマットや待ち針を使った道具の作り方や、冷凍庫を駆使した処理の方法など、身近な材料を使ったアイディア満載の標本づくりに思わずニッコリする場面も。

昆虫標本は繊細な作業も多いので、繰り返し練習するのが上達の基本です。
たくさん練習して昆虫標本マスターが誕生する日を期待しています!

トンボの採集。網の上から羽根を整えて取り出す様子。

採集したトンボやチョウは翅(はね)をたたんだ形に整え、網の上からつかみます。チョウは胴体を圧迫し、翅を触らないようにしましょう。

採集したトンボを三角紙に収めた様子。

採集したら三角紙に収め、数日置いてフンを出させます。三角紙には採集場所と日付のメモを忘れずに!

冷凍処理済みの昆虫を確認しているところ

フンを出し切り動かなくなったら、展翅作業をします。すぐに展翅をしない場合は冷凍庫保存がお手軽です。

展翅台を手作りする様子。

翅や全体の形を整える展翅作業に使う台はクッションマットを切って作ることができます。

トンボの胴体にエノコロ草の茎を挿入する処理の説明をしているところ

トンボを展翅する前に、胴体にエノコロ草の茎を入れて形を整えます。

展翅テープを使ってトンボの翅を固定しているところ

前翅・後翅をそろえ、展翅テープで動かないように押さえます。展翅テープは待ち針で展翅台に固定します。

チョウの展翅作業の様子

チョウの展翅は繊細。個体が硬い場合は蒸気にあてるなど、一工夫をしましょう。

展翅が終了したトンボとチョウの様子

展翅が終了。このまま紙箱などに入れてひと月ほど乾燥させます。

講師による説明の様子

講師の先生から、標本箱に固定する際の注意点や、ラベルの書き方を伺いました。

開催概要

昆虫標本づくり教室の標本画像

令和4年度の科学作品展では立派な昆虫標本が出展されました。力作ぞろいです。

昆虫の標本をつくる、初心者向けの教室です

昆虫採集は好きだけど、標本つくりは難しい・・・と、思っていませんか?
この教室では、採集した昆虫の下処理から針の打ち方まで、標本づくりをゼロから学ぶことができます。

今から標本づくりにチャレンジすれば、来年の夏休みの科学作品はバッチリ。

四季の昆虫を採集して、ステキな標本を作りましょう!

開催日時

令和4(2022)年10月15日(土曜日)の午前9時30分~11時30分

場所

柏崎市立博物館 エントランス

対象

柏崎市内の小学校に通う児童とその保護者

(注意)必ず保護者同伴でお願いします。

定員

10組

  • 1組につき4人まで申し込みが可能です。
  • 申し込み多数の場合、抽選となります。

参加費

1組につき500円(材料費)

共催

柏崎市教育委員会 教育センター科学班

申し込み

受け付けは終了しました。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 博物館 文化学芸係

〒945-0841
新潟県柏崎市緑町8番35号
電話:0257-22-0567/ファクス:0257-22-0568
お問い合わせフォームはこちら