5月の満月はフラワームーン

更新日:2020年05月05日

お家にいる時間が長いこの大型連休中に、家族で空を見上げてみませんか?
しばらくの間【ウチそら】と題して、望遠鏡がなくても楽しめる星空情報をお届けします。

5月の満月は7日です

金星と月

しばらくの間、月に負けない輝きの金星を見ることができます。満月の明かりと比べてみてくださいね。(2020年4月25日撮影)

夜空に浮かぶ天体の中で、最も身近な存在といえば「月」ですね。
日本でもお月見やかぐや姫の昔話など、月に関する話題には事欠きません。

世界の人々も月には大きな関心をもっていたようで、中でもアメリカンインディアンは、満月にニックネームを付けていたそうです。
5月のニックネームは、フラワー・ムーン。花が咲き乱れる時期をさしています。この頃はトウモロコシなど穀物の種まき時期でもあります。

日本でも5月を「皐月(さつき)」と呼び、田植え時期をさす「早苗月(さなえづき)」が略されて「皐月」になったという説があります。

さて、5月の満月は7日です。一番大きく見える時刻は、午後7時46分頃ですが、柏崎市立博物館からでは八石山の陰に隠れているので、午後8時を過ぎて東の空に満月が昇ってきます。

残念ながら、明るく輝く宵の明星(金星)とは、東と西に離れてしまっていますが、そろそろ見えにくくなる宵の明星を見ながらの月待ちも乙なもの。

お好みの時間に、夜空の光をお楽しみください。

ウチそら企画ロゴ

 

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 博物館 文化学芸係

〒945-0841
新潟県柏崎市緑町8番35号
電話:0257-22-0567/ファクス:0257-22-0568
お問い合わせフォームはこちら