【2021年9月】プラネタリウム番組「銀河の渚で」の投影は9月末まで

更新日:2021年09月22日

天の川の伝説と、天の川銀河の壮大さを楽しめるプラネタリウム番組「銀河の渚で」は、9月25日(土曜日)がラスト投影!

9月はまだ実際の星空でも、織姫(こと座の1等星ベガ)と彦星(わし座の1等星アルタイル)、2人を分かつ天の川を見ることができますが、美しい映像で、天の川の神秘に触れてみませんか?

ちなみに柏崎市立博物館の2階からは、松尾芭蕉の一句「荒海や 佐渡によこたふ 天の川」に登場する佐渡を、日本海の向こうに眺めることができます。

お天気のいい休日は、プラネタリウムと刻々と色を変える日本海を楽しむのも、ストレス解消におすすめです。

10月からの新番組「太陽 私たちの母なる星」もお楽しみに!

銀河の渚でポスター

「銀河の渚で」ポスター

© NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (SSC/Caltech)/Space Engine/WorldWide Telescope/CLUTCHBASE/AltairLLC
 

写真:民家の屋根の向こうに日本海と佐渡島が見えます。

博物館の2階からは日本海と佐渡を眺めることができます。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 博物館 文化学芸係

〒945-0841
新潟県柏崎市緑町8番35号
電話:0257-22-0567/ファクス:0257-22-0568
お問い合わせフォームはこちら