白鳥の飛来状況(令和3(2021)年度)

3月22日現在:30羽

ほとんどの白鳥が北へ帰り、残りわずかとなりました

30羽にまで減り、ケガなどで飛べない白鳥以外は、まもなく北へ帰ります。

今回で、今シーズンの白鳥の飛来情報を終了します。
ありがとうございました。

3月17日現在:110羽

白鳥の家族が池で泳いでいます

現在、110羽ほどが長嶺大池で確認されています。

暖かい日が続き、今年飛来した白鳥のほとんどが北へ帰りました。

まだ白鳥を見ることはできますが、来週中にはほとんどの白鳥が北へ帰ると予測されます。

3月1日現在:450羽

長嶺大池にいる白鳥の家族です

現在、450羽ほどが長嶺大池で確認されています。

本格的に北へ帰る時期が到来し、池にいる白鳥の数が急激に減りました。
雪が解け春の訪れを感じ始めると、白鳥たちは北へ帰ってしまうため、しばらく会えなくなってしまいます。
今はまだ多くの白鳥が出迎えてくれるので、ぜひ会いに来てください。

2月22日現在:650羽

長嶺大池の白鳥がエサのお米を食べています。

現在、650羽ほどが長嶺大池で確認されています。

北へ帰る白鳥が少しずつ出始め、体を軽くするためにエサもあまり食べなくなってきました。

長嶺大池より南に飛来していた白鳥が北へ帰る途中、長嶺大池で過ごすこともあるため、一時的に800羽程度になることもあります。運が良ければ、いつもより多くの白鳥を見ることができるかもしれません。

2月14日現在:700羽

白鳥がエサの古米を食べています

現在、700羽ほどが長嶺大池で確認されています。

白鳥は北に帰る準備で体を軽くするため、エサを食べる量が少なくなってきます。

晴れている日は駐車場が混雑するため、譲り合ってお使いください。

人に慣れている白鳥は、エサを持って近付くとすぐそばまで寄ってきます。エサをあげる際はトイレ脇の浅瀬にコメなどを撒くのをお勧めします。

1月11日現在:700羽

白鳥がエサを求めて集まってきています

最多飛来数の650羽を更新し、700羽ほどが長嶺大池で確認されています。

天気が良い日には、たくさんの方が長嶺大池を訪れ、白鳥のエサやりを楽しんでいます。

人に慣れている白鳥は、エサを持って近付くとすぐそばまで寄ってきます。エサをあげる際は、トイレ脇の浅瀬にコメなどを撒くのをお勧めします。

1月6日現在:600羽

写真:一面、雪化粧した山々と長嶺大池で優雅に泳ぐ白鳥たち

現在、600羽ほどが長嶺大池で確認されています。

新年に入って一気に飛来数が増えました。雪の白さと白鳥の白さが相まって、美しい光景を見ることができます。

12月21日現在:380羽

白鳥が池の浅瀬にエサを求めて集まっています。

現在、380羽ほどが長嶺大池で確認されています。

雪が積もったため、水田にエサを求めて飛び立つ白鳥は少なくなりました。

これから雪の予報が続くため、日中でも多くの白鳥を池で見ることができるようになります。

12月14日現在:350羽

写真:長嶺大池に飛来したコハクチョウとオオハクチョウ。コハクチョウは、オオハクチョウと比べ、くちばしの黄色い部分が少ないのが特徴です。

オオハクチョウ(左)とコハクチョウ(右)

現在、350羽ほどが長嶺大池で確認されています。

長嶺大池で見かけることが珍しいコハクチョウも20羽ほど飛来しています。飛来する白鳥のほとんどを占めるオオハクチョウはくちばしの先端のみが黒く、コハクチョウは額まで黒くなっているのが特徴です。

日中は周辺の水田にエサを食べに行くため、池に残っている白鳥は少なくなります。たくさんの白鳥が見たい方は早朝(午前7時30分まで)か夕方(午後4時以降)に来ることをお勧めします。

12月7日現在:280羽

長嶺大池の白鳥がエサを求めて集まってきています

現在、280羽ほどが長嶺大池で確認されています。

以前よりも、水田へエサを探しに飛び立つ時間が30分程度遅くなっています。また、20~30羽程度の白鳥が日中も池に残っています。

たくさんの白鳥を見たい場合は、早朝(午前7時30分まで)または夕方(午後4時過ぎ以降)に来るのがお勧めです。

11月25日現在:260羽

長嶺大池の白鳥が羽を広げて鳴き声をあげている写真です

現在、260羽ほどが長嶺大池で確認されています。

ここ数日で飛来数が増え、例年並みになりました。

日中は周辺の水田にエサを食べに行くため、池に残っている白鳥は少なくなります。早朝(午前7時過ぎくらいまで)または夕方(午後4時過ぎ以降)に来ることをお勧めします。

11月19日現在:160羽

写真:毛づくろいをする灰色の白鳥と、その奥に向かい合う2羽の白鳥がいます。

現在、160羽ほどが長嶺大池で確認されています。

昨年の今頃よりやや少なめですが、これから寒波がやってくると飛来数は増えると思われます。

日中は周辺の水田にエサを食べに行くため、池に残っている白鳥は少なくなります。早朝(午前7時過ぎくらいまで)または夕方(午後4時過ぎ以降)に来ることをお勧めします。

11月10日現在:120羽

写真:大きく羽を広げ、池から飛び立とうとしているハクチョウたち

現在、120羽ほどが大池で確認されています。

日中はほとんどの白鳥が周辺の水田にエサを食べに行きますが、11月7日(日曜日)には、日中でも多くの白鳥を大池で見ることができました。

夕方4時過ぎには、池に向かって旋回しながら着水する白鳥の姿を見ることができます。

10月26日現在:20羽

写真:一列に並んで飛ぶ白鳥たち。この後、池に着水しました。

現在、20羽ほどが大池で確認されています。

日中は周辺の水田にエサを食べに行くため、池には夜しか帰ってきません。

白鳥を見たい方は夕方遅くから早朝に訪れてみてください。

白鳥にエサをあげたり、観察したりしませんか

冬になると、長嶺大池には400羽~500羽ほどの白鳥が飛来し、持参したエサを直接あげたり、間近で観察したりすることができます。

また、白鳥以外の野鳥も飛来・生息しているので、時には、珍しい野鳥に出会えるかもしれません。

駐車場やトイレなども整備されています。

白鳥たちが好んで食べるお米などを持って、ぜひ長嶺大池にお越しください。

写真:太陽光が反射する湖面で、優雅に泳ぐ白鳥たち
写真:白鳥がエサを食べに集まっています

白鳥のエサを受け付けています

冬は白鳥のエサが不足するため、西山町事務所で白米や玄米、もち米などの不要な古米を集めています。

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

長嶺大池への行き方

北陸自動車道西山インターを降り、直進してください。

北陸道西山インターチェンジから長嶺大池への行き方

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 地域事務所 西山町事務所

〒949-4193
新潟県柏崎市西山町池浦117番地2
電話:0257-47-4001/ファクス:0257-47-2919
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年03月22日