柏崎の魅力vol.5 柏崎のものづくり

柏崎の魅力バナー画像

(広報かしわざき 2015年9月5日号掲載記事)

柏崎には、現在、約400の製造業の事業所があります。

鋳造(ちゅうぞう)や鍛造(たんぞう)、切削(せっさく)・研削(けんさく)、プレス、製缶・板金、メッキなどの技術で、自動車や電化製品の部品を製造しています。

柏崎のものづくり

実は、皆さんの身近なところでも、柏崎の技術が生かされています。

例えば、株式会社サイカワで製造されている「伸線(しんせん)機」は、ICチップや半導体などに使われる、非常に細やかな電線(ボンディングワイヤ)を作るための機械です。
世界で使われるボンディングワイヤの95%が、株式会社サイカワの伸線機を使って製造されています。

また、株式会社リケン柏崎工場で作っているピストンリング(自動車部品)は、国内の50%、世界の20%のシェアを占めています。
そのため、2007年の中越沖地震で工場が被災した際には、復旧のために、全国から多くの応援が駆けつけました。

それほど、柏崎のものづくりの技術は重要だといえます。

こうした柏崎の技術を伝えるため「柏崎市ものづくり活性化センター」では、技能士(機械加工などの技術を認定された国家資格者)を育てる「ものづくりマイスターカレッジ」を行っています。
現在までに、技能士2級資格取得者が78人出るなど、柏崎のものづくりの技術は、着実に受け継がれています。

機械部品の組み立て作業をしている写真
旋盤を使った金属加工の写真

お問い合わせ

ものづくり活性化センター

  • 電話番号:0257-32-2042
  • ファクス:0257-32-2043

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年04月01日