柏崎の魅力vol.8 柏崎の日本酒

柏崎の魅力

(広報かしわざき 2015年12月5日号掲載記事)

市内には、阿部酒造(安田)、石塚酒造(高柳町岡野町)、林酒造場(与板)、原酒造(新橋)の4つの酒蔵があり、それぞれの酒蔵は、長い年月の中で培った技術で酒造りを行っています。

柏崎の酒蔵

例えば、阿部酒造は、米の旨味を最大限に引き出すために、酒造り用の米を蒸す甑(こしき)に、昔ながらの木製のものを使っています。

石塚酒造は、加える蒸(む)し米(まい)をもち米にすることで、一般的に「淡麗辛口」のイメージを持つ新潟の日本酒とは異なる「濃厚辛口」の酒を造っています。

林酒造場は、柏崎産の酒米を使い、すっきりとしていて味わいのある特別本醸造の酒を造っています。

原酒造は、麹をつくる部屋(室(むろ))を日本酒の種類によって使い分けています。時間を掛けながら酒質にあった麹づくりをすることで、酒米のうま味を最大限に引き出して、古酒や発泡性の純米酒など、さまざまな種類を製造しています。

今年も間もなく、寒さの厳しい年末年始を迎えます。皆さんも、お友達やご家族と、おいしいさかなで地酒を酌み交わしながら、行く年来る年のことを語り合ってみてはいかがですか。

くれぐれも飲酒運転はしないように、飲み過ぎにも注意しましょう。

市内の4酒蔵の酒瓶の写真

原酒造「越の誉」、林酒造「八石」、石塚酒造「姫の井」、阿部酒造「越乃男山」

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年04月01日