ホーム > くらし > 動物・植物 > 野生生物・外来生物 > 国内希少野生動植物種が追加指定されました

ここから本文です。

更新日:2015年7月1日

国内希少野生動植物種が追加指定されました

平成27年5月1日、環境省は、指定していた国内希少野生動植物89種に、41種を追加指定しました。

国内希少野生動植物種とは

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」によって指定される、絶滅の危機にある動植物のことをいいます。法律に基づき、個体の捕獲や譲渡などが原則として禁止されています。

今回の指定について

今回は、奄美・琉球や小笠原諸島に分布する絶滅が心配される種のうち、開発に加え、大量に捕獲されることにより減少しているものや、外来種の影響により急激な減少傾向にあるものを新たに指定しました。

平成27年5月1日に追加指定された種(41種)

は虫類

5種(トカゲモドキ科)

昆虫類

16種(タマムシ科、カミキリムシ科、ハナノミ科)

陸産貝類

14種(ナンバンマイマイ科)

植物

6種(イワタバコ科、ヒカゲノカズラ科、ラン科、キジノオシダ科)

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?