ホーム > くらし > 動物・植物 > ペット > ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)などが原因とされるサルモネラ菌感染症が報告されています

ここから本文です。

更新日:2015年1月20日

ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)などが原因とされるサルモネラ菌感染症が報告されています

ミドリガメなどの動物の飼育について

ペットは家族の一員です

 

写真:5cm以下の子どもの頃のミドリガメ

(JPG:18KB)
子どもの頃のミドリガメ

写真:小さい亀の5倍の大きさになったミドリガメ

(JPG:24KB)
大きくなったミドリガメ

写真:小さい亀と大きい亀を並べて大きさを比較している

(JPG:18KB)
比較すると・・・

 


ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)などが原因とされるサルモネラ菌感染症の報道が相次いでおり、ペットとして飼われている動物が捨てられることが懸念されています。
ミドリガメは夏に向けて、祭りなど屋台で多く売られるペットです。

以下の点に注意し、ミドリガメなどのペットを捨てないようお願いします。

注意点

  1. 手を必ず清潔にする
    ミドリガメに限らず、ペットなどの動物に触った時、排せつ物を処理した後は必ず手をせっけんなどで消毒し、清潔にしてください。
  2. ペットは捨てない・逃がさない
    ペットを勝手に捨てたり、逃がしたりすることは禁止されています。
    ペットを飼われる際は将来のことまで見据えて慎重に判断し、ペットに対して最後まで責任を持ってかわいがりましょう。

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?