ホーム > くらし > 生活環境 > 害虫・駆除 > ドクガ幼虫の目撃情報(平成27年度)

ここから本文です。

更新日:2015年5月17日

ドクガ幼虫の目撃情報(平成27年度)

平成27年4月に、荒浜、松波、西港町地内で、ドクガの幼虫(毛虫)が発生しているという情報が寄せられました。

昨年、6~7月にドクガが大量発生した地域では、毛虫が大量に発生する可能性があり、幼虫の段階での駆除が効果的です。

早期発見、早期の防除を行い、ドクガ成虫の大量発生を防ぎましょう。

 

桜の木の下のハコベの葉を食べているドクガ幼虫の様子(平成27年4月13日撮影、撮影場所:荒浜3丁目地内、撮影者:柏崎市立博物館)

写真:ドクガ幼虫が越冬を終え、活動を始める様子(平成27年4月13日撮影、撮影場所:荒浜3丁目地内、撮影者:柏崎市立博物館)

写真は、柏崎市立博物館職員が平成27年4月13日に荒浜3丁目地内で撮影したものです。

駆除方法

  • 幼虫がまだ小さくかたまっているうちに、箸でつまんで捨てるか、枝ごと切り取って除去します。除去した幼虫はビニール袋に二重に密封し、「燃やすごみ」として指定のごみ袋に入れて出してください
  • 幼虫が大きくなり樹木全体に広がった場合は、殺虫剤を散布してください。なお、殺虫剤を散布する時は、周辺の住民などに必ず周知を行ってください

注意事項

  • ドクガは、幼虫・卵・サナギ・脱皮殻・成虫全ての段階で毒針毛(どくしんもう)を持っており、かゆみや炎症を起こします
  • 駆除は、風のない時に長袖・長ズボン・ゴム手袋などを着用し、肌が露出しないように行ってください

 

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?