ホーム > まち・環境 > 環境 > 環境計画・調査・統計 > 地球温暖化対策実行計画を改訂しました

ここから本文です。

更新日:2017年5月8日

地球温暖化対策実行計画を改訂しました

画像:実行計画の表紙画像柏崎市では、市民・事業者・行政が一体となって地球温暖化対策に取り組むための指針として、「柏崎市地球温暖化対策実行計画(区域施策編・事務事業編)」を策定しています。

このたび、実行計画の見直しを行い、平成29年3月改訂版が完成しました。

また、より分かりやすく地球温暖化対策を理解してもらう「市民お知らせ版」も作成しました。

地球温暖化対策実行計画が目指すもの

地球温暖化の主な原因は、石油や石炭などの化石燃料を大量に消費することで発生する二酸化炭素などの温室効果ガスの増加であるとされています。
地球温暖化をこれ以上進行させないためには、公共施設や工場などから排出される二酸化炭素の削減を図ることのほか、化石燃料を大量に使用してきたこれまでのライフスタイルを見直し、照明を蛍光灯からLEDに交換するなど、できるところからエコな暮らしを選択していくことが大切です。

美しい柏崎市の自然を将来世代に引き継ぐため、実行計画の内容をご理解いただき、私たちが今できることから始めてみましょう。

温室効果ガスの削減目標(区域施策編)

区域施策編では、地球温暖化対策の施策の方針を定めるとともに、本市の人口動態や温室効果ガスの排出量の推移による、温室効果ガスの排出削減目標を期間ごとに定めています。

削減目標は国の計画に準じ、温室効果ガスを平成25年度(2013)に比べて平成42年度(2030)に26.0%削減することを中期目標とします。
また、平成33年度(2021)に12%削減することを短期目標とします。

温室効果ガスの排出量削減目標

 

柏崎市

(参考)国

基準年度

平成25年度

平成25年度

短期目標

平成33年度
基準年度比▲12%※1(▲11%)※2

中期目標

平成42年度
基準年度比▲26%(▲23%)※3

平成42年度
基準年度比▲26%

長期目標

平成62年度
数値目標なし
新たな価値を創造し、持続可能な社会の実現を目指す

平成62年度
基準年度比▲80%

※1 平成42年度の26%削減を達成するために、毎年同じ割合で削減を進めた場合に必要な数値として設定しました。
※2,3 国の2030年度の26%削減目標に必要な削減量から、温室効果ガス吸収源の確保(3,639万t-CO2)およびJ-クレジット創出量(651万t-CO2)を除いた削減割合を算出しました。

地球温暖化対策の4つの施策方針

  1. 再生可能エネルギー・地域資源の有効活用
  2. 家庭、事業所および地域における省エネルギー普及の加速
  3. 低炭素型交通の推進
  4. 地域力発揮のための社会環境整備

柏崎市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

「柏崎市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」では、市役所庁舎の他、消防署や保育園、小中学校などの温室効果ガスの削減計画を策定しています。

 柏崎市地球温暖化対策実行計画(PDFファイル)

はじめに・目次(別ウィンドウで開きます)(PDF:595KB)

1.計画策定の背景(別ウィンドウで開きます)(PDF:3,326KB)

2.区域施策編(別ウィンドウで開きます)(PDF:4,312KB)

3.事務事業編(別ウィンドウで開きます)(PDF:2,242KB)

4.計画の推進方策(別ウィンドウで開きます)(PDF:1,947KB)

参考資料(別ウィンドウで開きます)(PDF:2,193KB)

 柏崎市地球温暖化対策実行計画 市民お知らせ版(PDFファイル)

柏崎市地球温暖化対策実行計画 市民お知らせ版(別ウィンドウで開きます)(PDF:4,414KB)

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?