ホーム > まち・環境 > 環境 > 公害 > アスベストの飛散防止対策をお願いします

ここから本文です。

更新日:2015年1月15日

アスベストの飛散防止対策をお願いします

昭和55年頃までに建設された鉄骨構造などの耐火構造建築物や準耐火構造建築物には、吸入すると肺がんや中皮腫などを発症する恐れのある、発がん性物質のアスベストが吹き付け使用されている可能性があります。

アスベストを使用している天井や壁などが震災による被害を受けて、落下したりヒビが生じたりしている場合には、アスベストが飛散する恐れがあるので、速やかに解体専門業者に相談し、アスベストの除去や囲い込みなどの飛散防止対策の実施に努めてください。

アスベストを使用している一定規模以上の建築物の解体、補修の際には、最寄りの県環境センターへ事前の届け出が必要です。

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?