ホーム > まち・環境 > 環境 > 公害 > 家庭での灯油漏れにご注意を

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

家庭での灯油漏れにご注意を

冬期間は、家庭の暖房などに灯油の使用が多くなることから、灯油漏れが発生しやすくなります。

漏れた灯油に引火して火災の原因になったり、河川に流れ込んで環境悪化の原因になったりします。

次のことに注意して、灯油漏れを防ぎましょう。

注意点

  • タンクの配管・ホースなどが劣化していないか確認する
  • 給油中はその場を離れない
  • 給油が終わったら、タンクのバルブをきちんと閉めたか確認する
  • 配管が雪の重みで折れないようにこまめに除雪する
  • 屋外に設置された貯蔵タンクの場合は、雪の重みで折れた木の枝の落下や、強風による周辺の木材などの転倒などにより、タンクのバルブや配管が損傷しないように対策する

灯油が洩れた場合は、次のいずれかにご連絡ください

  • 環境課(電話番号:0257-23-5170)
  • 消防署(電話番号:0257-24-1500)
  • 長岡環境センター(電話番号:0258-38-2533)

漏れた灯油の回収に掛かる費用は、自己負担です。十分ご注意ください。

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?