ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

子どもの予防接種

予防接種には、定期予防接種任意予防接種があります。

定期予防接種

定期予防接種は、予防接種法に基づき、市が対象年齢のお子さんに行うものです。

費用

無料(市が負担します)

【ただし、対象年齢を超えると接種費用は全額自己負担になります。】

 予防接種を受けるには

それぞれの予防接種に適している「標準接種時期」に合わせて、接種券と予診票を市から郵送します。

市が予防接種を委託している「委託医療機関」で、受けることができます。

(委託医療機関は接種券の裏面に記載されています。)

事前に医療機関に予約し、当日は母子手帳と市から届いた接種券・予診票を持参して、予防接種を受けてください。

体調を崩すなど、予定通りに接種が進まない場合もあるため、対象年齢に達したら早めに接種を行いましょう。

 接種券・予診票をなくしたときは

再発行しますので、子育て支援課家庭支援係にお問い合わせください。

受け付け日時

月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分

【土日祝日と年末年始(12月29日~1月3日)は受け付けていません。】

 定期予防接種の種類

定期予防接種には、以下の7つがあります。

  1. ヒブ(インフルエンザ菌b型)感染症(不活化ワクチン)
  2. 小児の肺炎球菌感染症(不活化ワクチン)
  3. BCG(生ワクチン)
  4. 四種(ジフテリア・破傷風・百日せき・不活化ポリオ)混合(不活化ワクチン)
  5. B型肝炎(不活化ワクチン)
  6. 麻しん風しん(生ワクチン)
  7. 水痘(水ぼうそう)(生ワクチン)
  8. 日本脳炎(不活化ワクチン)
  9. 二種(ジフテリア・破傷風)混合(不活化ワクチン)
  10. ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸(けい)がん)(不活化ワクチン)

 予防接種を受ける間隔

予防接種に使われるワクチンには、大きく分けて生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合に間隔を守ることが必要です。

  • 生ワクチンを接種した場合:接種翌日から起算して27日以上の間隔をおいて別の種類の接種を行う
    BCG、麻しん風しん、水痘、ロタウイルス、おたふくかぜ
  • 不活性ワクチンを接種した場合:接種翌日から起算して6日以上の間隔をおいて別の接種の接種を行う
    四種(三種)混合、ポリオ、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、インフルエンザ

なお、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれのワクチンごとに定められた間隔があります。

出生時の手続きの際にお渡ししている冊子「予防接種と子どもの健康」と接種券送付時に同封している案内文をご確認ください。

 ヒブ(インフルエンザ菌b型)感染症(不活化ワクチン)

対象年齢

生後2カ月から5歳未満の乳幼児(5歳の誕生日の前々日まで)

ヒブワクチンの接種方法

接種開始年齢 初回接種 追加接種 合計接種回数
生後2カ月~7カ月未満

3回(4~8週間の間隔)

1回(初回終了7~13カ月後)

4回

生後7カ月~12カ月未満

2回(4~8週間の間隔)

1回(初回終了7~13カ月後)

3回

1歳以上5歳未満

1回

なし

1回

(接種開始時の年齢により、接種回数が異なります。)

 小児の肺炎球菌感染症(不活化ワクチン)

対象年齢

生後2カ月から5歳未満の乳幼児(5歳の誕生日の前々日まで)

小児用肺炎球菌の接種方法

接種開始年齢 初回接種 追加接種 合計接種回数
生後2カ月~7カ月未満

3回(27日以上の間隔)
(2回目が1歳を超えたら3回目は省略)

1回(12~15カ月齢の間)
(初回終了後60日以上の間隔)

4回

生後7カ月~12カ月未満

2回(27日以上の間隔)

1回(1歳以上)
(初回終了後60日以上の間隔)

3回

1歳以上2歳未満

2回(60日以上の間隔)

なし

2回

2歳以上5歳未満

1回

なし

1回

(接種開始時の年齢により、接種回数が異なります。)

 BCG(生ワクチン)

対象年齢

生後1歳未満

標準的な接種時期

生後5カ月~8カ月

接種回数

1回

 四種(ジフテリア・破傷風・百日せき・不活化ポリオ)混合(不活化ワクチン)

対象年齢

生後3カ月から90カ月(7歳半)未満

標準的な接種時期

初回:生後3カ月から12カ月、追加:初回接種終了から12カ月後

接種方法

初回:20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種

追加:初回終了12カ月後に1回(6カ月以上経過すれば接種は可能)

接種回数

4回

 B型肝炎(不活化ワクチン)

対象年齢

生後1歳未満

標準的な接種時期

生後2カ月から9カ月

接種方法

1回目は生後2月以降、2回目は1回目の接種から27日以上、3回目は1回目の接種から139日以上の間隔をあける

接種回数

3回

 麻しん風しん(生ワクチン)

対象年齢

第1期:1歳から2歳未満

第2期:5歳から7歳未満(小学校就学前の1年間)

接種方法

それぞれ1回

接種回数

2回

 水痘(水ぼうそう)(生ワクチン)

対象年齢

1歳から3歳未満

接種方法

初回:1回

追加:初回接種後、標準的には6カ月から1年の間隔をおいて1回接種(3カ月以上経過すれば接種は可能)

接種回数

2回

 日本脳炎(不活化ワクチン)

対象年齢

第1期:生後6カ月から90カ月(7歳半)未満

第2期:9歳以上13歳未満

標準的な接種時期

第1期:初回:3歳、追加:4歳

第2期:9歳

接種方法

1期初回:6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて2回接種

1期追加:初回終了後おおむね1年の間隔をおいて1回接種(6カ月経過すれば接種は可能)

第2期:対象年齢内において1回接種

接種回数

4回

特例措置(平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方が対象です)

接種勧奨の差し控えにより日本脳炎の予防接種が不十分となっている方は、20歳に到達するまでの間、不足分を定期予防接種として接種することができます。詳しくは子育て支援課家庭支援係に、お問い合わせください。

 二種(ジフテリア・破傷風)混合(不活化ワクチン)

乳幼児期に行った三種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風)予防接種のうち、ジフテリアと破傷風の免疫を追加します。

対象者

11歳以上13歳未満

接種方法

1回接種

 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸(けい)がん)(不活化ワクチン)

国からの通知により、平成25年6月14日から積極的な接種勧奨(個別通知)を差し控えていますが、希望する方は定期接種として受けられます。

接種を希望する方には接種券を交付しますので、子育て支援課家庭支援係にお問い合わせください。

厚生労働省リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」(別ウィンドウで開きます)(PDF:1,379KB)

対象者

中学1年生から高校1年生相当の年齢の女子

接種方法

2価と4価の2種類のワクチンがあります。どちらも3回の接種が必要ですが、接種間隔が異なります。

 

任意予防接種

予防接種法に規定されていないもので、ロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザなどがあります。

費用

実費(医療機関によって異なりますので、かかりつけの医療機関にお問い合わせください)

接種方法

保護者の希望により、小児科などの医療機関で受けることができます。かかりつけの医療機関にお問い合わせください。

任意予防接種の種類

種類

対象者

接種方法

ロタウイルス(生ワクチン)

1価:生後6週~24週の乳児

5価:生後6週~32週の乳児

1価:2回(経口接種)

5価:3回(経口接種)

 おたふくかぜ(生ワクチン)

1歳以上の未罹患(りかん)者

1回

 インフルエンザ(不活化ワクチン)

生後6カ月以上

13歳ごろまでは2回

予防接種を受ける間隔

予防接種に使われるワクチンには、大きく分けて生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合に間隔を守ることが必要です。

  • 生ワクチンを接種した場合:接種翌日から起算して27日以上の間隔をおいて別の種類の接種を行う
  • 不活性ワクチンを接種した場合:接種翌日から起算して6日以上の間隔をおいて別の接種の接種を行う

なお、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれのワクチンごとに定められた間隔があります。

出生時の手続きの際にお渡ししている冊子「予防接種と子どもの健康」をご確認ください。

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども未来部子育て支援課家庭支援係

新潟県柏崎市栄町18番26号 元気館 1階

電話番号:0257-20-4215

ファクス:0257-20-4201

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?