ホーム > くらし > 市民活動 > 市民活動センター「まちから」 > まちから交流会―熊本・大分地震復興応援イベントの参加者を募集!(7月16日)【終了しました】

ここから本文です。

更新日:2016年7月16日

まちから交流会―熊本・大分地震復興応援イベントの参加者を募集!(7月16日)【終了しました】

7月16日(土曜日)は、新潟県中越沖地震の発生から9年です。

かしわざき市民活動センターまちからでは、この日に合わせて、防災をテーマとした「まちから交流会―熊本・大分地震復興応援イベント」を開催します。

第1部では、熊本地震における現地支援活動のお話を聞きながら自分の身を自分で守ることの大切さについて考え、第2部の交流会では熊本・大分の食材を使った郷土料理が味わえます。

4月に発生した熊本地震では、多くの方々が被災されました。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

まちから交流会への参加を希望される方は、7月13日(水曜日)までにまちからにお申し込みください。

この機会に、忘れてはならない災害への備えについてあらためて考えてみませんか。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

えちゴンぼうさいキッズパーク

かしわざき市民活動センターまちから

えちごん防災キッズパーク・まちから交流会チラシ(別ウィンドウで開きます)(PDF:891KB)

日時

平成28年7月16日(土曜日)午後5時30分~午後8時30分

※午後5時から受け付け開始

会場

かしわざき市民活動センターまちから(柏崎市西本町三丁目2番8号)

内容

【第1部】

  • 防災士ママタレと考える、こんな時あなたならどうする?
    熊本地震の現地支援活動を通して―(午後5時30分~午後6時30分)

講師紹介

防災士ママタレント島あさこ氏((株)野村防災)

新潟県中越地震で被災した経験を生かし、より多くの人に自助防災(自分の身は自分で守る)の大切さを伝えるため、モデル、リポーターとして活動中。平成27年2月防災士の資格を取得。

野村卓也氏(にいがた災害ボランティアネットワーク)

平成25年3月に兄と(株)野村防災を設立し、現在は営業部長を務める。また、平成27年度からは、にいがた災害ボランティアネットワークの理事を務めている。熊本地震発生当初に現地入りし、現在も支援活動を行っている。

【第2部】

  • 熊本・大分の食材を味わって復興を応援しよう!(午後6時30分~午後8時30分)

熊本出身の料理店店主からご協力をいただき、熊本・大分の食材を使った郷土料理を提供します(熊本の馬刺、阿蘇のだご汁、高菜めしなどを予定)。
また、会場には、熊本地震災害義援金募金箱を設置します。

定員

先着50人

参加費

4,000円

 申し込み方法

  • 7月13日(水曜日)までに、直接または、電話・ファクス・メールで、まちからへお申し込みください
  • 申し込みにあたり、氏名・電話番号・飲酒の有無をお知らせください

申込先

かしわざき市民活動センターまちから

  • 住所:〒945-0066新潟県柏崎市西本町三丁目2-8
  • 電話番号:0257-22-2003、ファクス:0257-22-2007
  • Eメール:machikara@city.kashiwazaki.lg.jp

【同日開催】えちゴンぼうさいキッズパーク

当日は、同じく防災をテーマとしたイベントとして、正午から午後4時まで「えちゴンぼうさいキッズパーク」を開催しています。

詳しくは、えちゴンぼうさいキッズパークをご覧ください。

 

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民活動支援課市民活動センター

新潟県柏崎市西本町三丁目2番8号

電話番号:0257-22-2003

ファクス:0257-22-2007

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?