気をつけよう たばこのマナー(2018年5月)

Good Body&Heart働き盛りのあなたへ、健康みらい柏崎21

―このページは、「広報かしわざき」に掲載した記事をもとに作成しています―

気をつけよう たばこのマナー

たばこの健康への悪影響は吸う人だけの問題ではありません。

他人のたばこの煙を吸うこと(受動喫煙)で日本では毎年、多くの人が亡くなっています。

受動喫煙は肺がん、心筋梗塞、子どものぜんそくなどさまざまな病気の危険を高めます。

こんなたばこの吸い方していませんか

  • 子どもや家族と一緒の車の中でたばこを吸っている
  • 外食時、近くの人を気にせずたばこを吸っている
  • 職場の自席や会議室で、たばこを吸っている

受動喫煙の危険性

副流煙には発がん性物質やニコチン、一酸化炭素などの有害物質が主流煙の数倍も含まれます

主流煙にいは発がん性物質のある化学物質約70種、副流煙には発がん性物質の他にニコチンや一酸化炭素、アンモニアなどの有害物質が多く含まれていますと表現しているイラスト

まずは実行! たばこのマナー

  • 妊婦、子ども、病気の人の周囲では絶対に喫煙しない
  • 決められた喫煙場所で吸う
  • たばこを吸わない人に煙を吸わせないような気配りをする
  • 加熱式たばこも対策が必要

お問い合わせ

健康推進課健康増進係

  • 電話番号:0257-20-4213
  • ファクス:0257-22-1077

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日