糖尿病、若いから関係ないと思っていませんか?(2018年7月)

Good Body&Heart 働き盛りのあなたへ 健康みらい柏崎21

―このページは、「広報かしわざき」に掲載した記事をもとに作成しています―

糖尿病、若いから関係ないと思っていませんか?

糖尿病は、自覚症状が無いまま進行します。高血糖を放置した場合、全身の血管が傷ついて動脈硬化が進み、三大合併症(網膜症、腎症、神経障害)や歯周病などの発症につながります。また、肥満や高血圧などもあると、脳卒中や心筋梗塞の危険も高まります。

将来を健康で過ごすためにも、若い頃からの糖尿病予防がとても大切です。

怖い! 糖尿病合併症

糖尿病三大合併症、目・網膜症、腎臓・腎症、神経・神経障害、脳・脳梗塞、認知症、口・歯周病、心臓・心筋梗塞・狭心症、肝臓・脂肪肝、説明イラスト

これだけの危険が潜んでいます。今から予防しよう!

今から始める糖尿病予防

  • 毎年健康診断を受けて、数値を確認する
  • 食事は野菜から食べて、腹八分目に
  • お菓子や甘味飲料、お酒は控えめにする
  • 夕食が遅くなる時は、夕方に主食、帰宅後におかずを食べる
  • 10分多く体を動かす
  • 体重をチェックし、肥満に注意

お問い合わせ

健康推進課健康増進係

  • 電話番号:0257-20-4213
  • ファクス:0257-22-1077

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日