ちいさな看護師さん大集合! 小学生看護体験会を開催しました

令和元年(2019年)8月3日(土曜日)に、小学生看護体験を開催し行いました。

これは地元出身の看護師が増えることを願って、新潟県看護協会柏崎支部らが開催している催しです。

2019年小学生看護体験

子どもたちは、体験を通して、看護師という仕事のやりがいや、命の大切さを学びました。一生懸命、取り組んだ様子をご紹介します。

看護体験の様子

手洗い、きちんとできているかな?

自分ではしっかり手を洗ったつもりでも、汚れはとれていないものです。

実際にどんなところに汚れが残っているのか、特殊な機械で見てみました。

どのような洗い方をすれば清潔な手になるのか、看護師さんから学びました。

2人の女の子がせっけんを使って手を洗っているイラスト

指の間や爪の隙間を丁寧に洗いましょう。

特殊なライトに手をかざしている写真

特殊な機械で、洗い残しを発見!

点滴を準備してみよう!

点滴体験では、注射器で点滴の管の中へ薬や栄養に見立てた液体を入れました。

注射器で液体を入れるときは、少し力が必要だったようです。

点滴の滴下するスピード調節は、看護師さんの指導のもと、上手に調整できました。

看護師さんに教えてもらいながら、点滴の準備をする女の子の写真

慎重に管の中へ薬を入れていきます。

ピンク色のナース服と水色のナース服を着た2人の女の子の写真

ナース服も着てみました!

心臓の音が聴こえるかな?

看護師さんになりきって、聴診器で心臓の音を聴いてみました。

胸はもちろん、手首や腕などいろいろなところで音を聴くことができました。

聴診器でお互いの心臓の音を聞く女の子たちの写真

お友達の心臓の音も聴いてみよう!

自分の手の甲に聴診器をあて、心臓の音を聞く子どもたちの写真

手首でも心臓の音が聴こえたよ!

赤ちゃんのおむつ交換・包帯巻き

本物そっくりの赤ちゃんの人形を使って、おむつ交換の手順を学びました。

優しく赤ちゃんのお世話をして、最後には抱っこもしてみました。

また、けが人の応急手当を学ぶために、傷口を消毒をして包帯を巻いてみました。

これで家族や友達がけがしても、素早く対応できるね。

人形でおむつ替えの体験をする女の子たちの写真

赤ちゃんのおむつは、しっかり替えられたかな?

相手の腕に包帯を巻く男の子の写真

包帯を巻いて、傷口をしっかり保護しよう!

AEDと心臓マッサージで、救急救命に挑戦!

倒れた人をみつけたら、大きな声で知らせてAEDを準備します。

その間に心臓マッサージを続け、AEDが届いたらすぐに使用します。

力のいる心臓マッサージには、少し苦戦していたようです。

人形の上に手のひらを重ね、心臓マッサージの練習をする男の子の写真

一定のリズムでマッサージ。意外と大変!

人形の体にAEDのパッドを貼る子どもたちの写真

AEDのパッドは、うまく貼ることができたかな?

最後に

はじめての子もそうでない子も、みんな一生懸命に取り組みました。

この体験を通して、将来、看護師の道に進んでもらえたらうれしいです。

2019年の小学生看護体験に参加した子どもたちでの集合写真

小学生看護体験会の概要

日時

令和元年(2019年)8月3日(土曜日)午前9時30分~正午

会場

柏崎市健康管理センター

対象

小学1年生~6年生

主催

新潟県看護協会柏崎支部

共催:新潟県看護連盟柏崎支部、柏崎市

お知らせ

元気館健康まつりで看護体験の様子を紹介する予定です。参加した小学生の感想などをパネル展示しますので、ぜひご覧ください。

  • とき:令和元(2019)年9月29日(日曜日)
  • ところ:元気館(柏崎市栄町)

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 国保医療課 地域医療係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2210/ファクス:0257-24-7714
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日