新型コロナウイルス感染拡大防止のための次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

家庭用塩素系漂白剤で「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」を作ることができます

家庭用の塩素系漂白剤には、次亜塩素酸ナトリウムが含まれ、「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」を作ることができます。

この消毒液は、ドアノブなど「物の殺菌消毒に有効」で、ノロウィルスなどの感染対策に使われている手法です。

直接手で触れないよう注意しながら、ご活用ください。

(注意)
手の消毒には、絶対に使用しないでください。
使用するときは、十分な換気を行ってください。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方(0.05%濃度)

この消毒液は、ドアノブや手すりなど、物の消毒用に使用してください。

材料

  1. 次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする製品(市販されている塩素系漂白剤など)
  2. 容器(バケツや洗いおけなど)
  3. (必要に応じて)空のペットボトル(500ミリリットル)

(注意)間違って飲むことの無いよう、消毒液だとわかるような表示をしててください。

家庭用塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムが主成分の製品)の例
メーカー 商品
花王 ハイター、キッチンハイター、キッチン泡ハイターなど
カネヨ石鹸 カネヨブリーチ、カネヨキッチンブリーチなど
ミツエイ ブリーチ、キッチンブリーチなど

作り方

  1. 容器(バケツや洗いおけなど)に必要量の水を入れる。(ペットボトルで水量を計測する。)
  2. 水の入った容器に使用する製品の濃度に応じて必要とされる量の塩素系漂白剤を入れ、濃度が0.05パーセントになるように希釈する。
    (家庭用塩素系漂白剤濃度が6パーセントの場合は、水3リットルに漂白剤25ミリリットルを加える。)

注意事項

  • 上に記載した商品以外にも、次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする商品は多数あります。 製品に記載されている濃度をもとに、薄めて使用してください。
  • 家庭用塩素系漂白剤の濃度は、製造からどの程度の期間が経っているか、どのように保管していたかによって、濃度が変化します。詳しくは、メーカーにお問い合わせください。

 

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使用方法

ペーパータオルなどに十分に薬液を含ませて拭いた後、水拭きをする。

(注意)直接手で触れないよう注意してください。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液使用の際の注意事項

  • 家庭用手袋等を着用し、直接手で触れないように使用してください。
  • 消毒作業以外には使用しないでください。
  • 使用するときは、十分な換気を行ってください。
  • 他の薬品と混ぜないでください。
  • 金属部位に使用する場合は、劣化する可能性があります。
  • 他の容器に小分けにして使用する際には、十分注意して取り扱ってください。
  • スプレーボトルでの噴霧は、スプレーした時に霧状の液を吸い込むおそれなどがあるため、好ましくありません。
  • 目の中に入った場合は、直ちに水で洗い流してください。
  • 製品に記載してある「使用上の注意」をよく読んで使用してください。
  • 消毒液は保存せずに、その都度作るようにするとよいでしょう。

その他

  • 食器や箸などは、80度の熱水に10分間さらすと消毒ができます。(火傷に注意してください。)
  • 新型コロナウイルス対策には、身のまわりを清潔にすることが大切です。石鹸やハンドソープを使った丁寧な手洗いを行ってください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 福祉課 総務係

〒945-8511
新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2234/ファクス:0257-21-1315
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年05月25日