新型コロナワクチン接種情報

このページは、国や県の示した情報に基づき作成しているため、今後、見直される可能性があります。

3回目接種

10~20代の男性へ―2回目ワクチンにファイザー社製を選択できます

現在、10~20代の男性は、武田/モデルナ社製のワクチンの接種後、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の発生頻度がファイザー社製に比べて高いことが分かっています(令和3年10月15日厚生労働省事務連絡による)。

そのため、10~20代の男性に限り、2回目の武田/モデルナ社製の接種予約を、ファイザー社製のワクチンに変更(交互接種)することができます。
変更を希望するは、健康推進課(電話番号:0257-20-4211)へご連絡ください。

(注意)交互接種が認められるのは10~20代の男性のみです。対象者以外は、原則同じワクチンを2回接種になりますのでご留意ください。

対象

10~20代の男性で、1回目を武田/モデルナ社製のワクチンで接種した方

(注意)平成3(1991)年10月17日以降に生まれた方

ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎が疑われた報告の発生頻度

厚生労働省発表

心筋炎・心膜炎が疑われた報告の発生頻度(武田/モデルナ社製)
年齢 100万人あたりの発症人数
12~19歳 28.8人
20~29歳 25.7人

柏崎市に置き換えた場合

柏崎市に置き換えた場合の発生頻度
年齢 対象人口 人口あたりの発症人数
15~19歳 1,801人 0.05人
20~29歳 3,521人 0.09人

接種状況

11月30日現在の接種状況をお知らせします。

柏崎市の接種状況(12歳以上)
  接種対象人数 接種済み人数 接種率
1回目接種 74,133人 68,173人 91.9%
2回目接種 74,133人 67,540人 91.1%

(注意1)接種対象人数は、令和3(2021)年10月末日現在の住民基本台帳(12歳以上)の人口です。

(注意2)接種済み人数は、ワクチン接種記録システム(VRS)の登録人数です。

 

接種の実施期間

柏崎市では、国や県から配分されるワクチンの量に合わせて、年齢を区切って段階的に接種を行いました。

これから12歳の誕生日を迎える方には、誕生日の翌月(1日生まれの方は誕生月)に、接種日時などをお知らせし、希望する方に順次接種を行います。

接種実施期間
対象年齢など 接種時期
65歳以上(高齢者施設等入所者) 令和3(2021)年4月19日~6月24日
65歳以上 令和3(2021)年5月18日~8月7日
60歳~64歳 令和3(2021)年7月17日~8月7日
48歳~59歳 令和3(2021)年8月8日~9月19日
18歳 令和3(2021)年7月24日~8月28日
15歳 令和3(2021)年8月3日~9月10日
16歳~47歳 令和3(2021)年9月19日~11月4日
12歳~14歳 令和3(2021)年10月7日~11月6日

国・県などの最新情報

新型コロナワクチンに関する最新情報は、以下のリンクからご確認ください。

接種会場

原則、住民票のある市区町村で接種します。ただし、一定の条件に該当する方は、住民票所在地以外での接種も可能です。

年代や接種日などにより接種会場が異なりますので、詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

接種予約方法

柏崎市では、インターネットと電話で予約を受け付けます。

大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 接種の時期より前に、市町村から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」などが届きます。
  2. ワクチン接種を受けることができる医療機関や接種会場を確認し、予約をしてください。
  3. 接種当日は、市町村から郵送された「接種券」「予診票」「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちください。
    内服治療中の方は「お薬手帳」または「処方されている薬が分かるもの」もお持ちください。

予約方法などの詳細は、接種券に同封する案内をご覧ください。 

接種を受ける際の同意の取得

接種は強制ではありません。新型コロナワクチンの接種は、しっかり情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り行います。

予防接種を受ける方は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方を理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

ワクチンの効果と副反応

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種も、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

ワクチンの種類

国が供給を受けることについて契約締結または基本合意に至っている3社のワクチンは次のとおりです。

ワクチンの詳細は、厚生労働省ホームページをご確認ください。

新型コロナワクチンの種類
製薬会社 ワクチンの種類 接種回数 接種間隔
ファイザー社 mRNAワクチン  2回 21日
アストラゼネカ社 ウイルスベクターワクチン  2回 28日
武田/モデルナ社 mRNAワクチン  2回 28日

(注意)ファイザー社のワクチンは2021年2月14日に、武田/モデルナ社とアストラゼネカ社のワクチンは2021年5月21日に薬事承認されました。

接種済証・接種証明書(ワクチンパスポート)

必要とする方に、新型コロナワクチン予防接種済証や接種証明書(ワクチンパスポート)を交付しています。申請は、元気館窓口・郵送・電子申請で受け付けます。

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

予防接種実施計画

コロナワクチンQ&A

新型コロナワクチンに関するよくある質問を掲載しています。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 健康推進課

〒945-0061
新潟県柏崎市栄町18番26号
電話:0257-20-4211/ファクス:0257-22-1077
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年12月01日