ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室 > 市長随想 > 平成30年度の市長随想 > 市長随想(広報かしわざき平成31(2019)年3月号)

ここから本文です。

更新日:2019年3月5日

市長随想(広報かしわざき平成31(2019)年3月号)

このページは、「広報かしわざき」に掲載した記事をもとに作成しています。

3月の花

「このあったけえのが!」という言葉も最近聞かなくなった。もちろん、決して褒められた言葉づかいで
はないのだからいいことなのだが、少し寂しい感じもする。

3月ともなれば正に「あったかく」なり、雪解けも始まる。木々の芽も膨らむ。雪国に住む私たちは花の季節を待ちわびている。個人的にはまず紅、白のジンチョウゲの高貴な香り、マンサクの黄色、梅の白が身の回りの花であろうか。

 

さて、柏崎も各所で春の花を楽しむことができる。今回は西山シリーズ。

伊毛(いも)の椿。いつの間にか「古代椿の郷」という看板もできた。200年とも300年とも言われる椿の大木だが「古代」というのは誇大広告じゃないの? と迫ったのだが「いい、もう!」と返されてしまった。地元の山を整備して、日本中の椿を見ることができるような構想もあると言う。

「私たちIMOです」こんなTシャツもいいと思う。椿油が少し入り、餡も小豆や芋があったりして、シャレも効いておいしい椿饅頭まで作ってしまった伊毛の方々である。IMF(国際通貨基金)でもなく、YMO(イエローマジックオーケストラ)でもないIMO。赤いツバキの花がワンポイント入った「IMO」Tシャツを堂々と、格好良く着てほしいと思う。

▼古代椿の郷 伊毛」の看板
写真:椿の写真や地域の見所などを紹介している看板

「私たちモ族、鯛人です」というTシャツはどうですか? と笠島のヤングミセスに提案したこともある
が、IMOも悪くない。

高内山のカタクリ、大崎の雪割草もシーズンを迎える。それぞれ1時間程度の散策で花を楽しむことができる。沿岸に暖流が流れ、比較的暖かな石地や海沿いにはスイセンが一面に見えたらきれいだと思う。推薦
する。

「このあったけえのが!」皆さんのお声が聞こえる気がする。

 

→平成30年度の市長随想へ戻る

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部元気発信課情報発信係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2311

ファクス:0257-23-5112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?