キラキラ輝く西部っ子、みぃ~つけた!2021

西部保育園は桜がきれいな番神堂と海が見える癒しのスポットが近くにある保育園です。

笑顔と元気がいっぱいの西部っ子たちの様子を、年4回このページでお伝えします!

キラキラ輝く西部っ子、みぃ~つけた!秋号(12月発行)

遠足は楽しかったね

10月8日(金曜日)に、うさぎ組・ぱんだ組・きりん組が、高柳こども自然王国へ遠足に行ってきました。

何日も前からこの日を楽しみにしていた子ども達。「大型バスに乗ってますー」と歌いながら、バスに乗って元気に出発!いいお天気の中でのびのびと遊んできました。

3人の園児が犬の形をした遊具にまたがって揺れている写真

ゆらゆら揺れて楽しいね。

写真:ローラー滑り台で次々に滑り降りる4人の子ども達

ローラーが回る滑り台で遊んだよ。デコボコしておもしろかったね。

がんばった発表会

12月2日(木曜日)に発表会を行いました。

毎日少しずつ練習を重ね、迎えた本番。緊張する子、高揚する子といつもと違う様子も見られましたが、精いっぱい頑張ってやり遂げた子どもたちの表情は、自信と達成感で輝いていました。

0歳児と1歳児の子ども達が、音楽に合わせて手作りの楽器を鳴らしている写真

0歳児と1歳児のごっこ遊び「こねこのおんがくかい」。音楽のリズムの合わせて、太鼓や鈴を鳴らして音遊びを披露しました。

音楽に合わせて踊る2歳児

2歳児の劇遊び「へい!いらっしゃい! せいぶ寿司!!」。自分の好きなお寿司に変身して、返事をしたり踊ったりしました。

3歳児が遊戯をしている写真

3歳児の遊戯「ハワイアン イン ザ シー」。フラの曲に合わせて、海の生き物の真似をしながらかわいく踊りました。

4歳児と5歳児が劇を披露している写真

4・5歳児の劇「うらしまたろう」。27人で心を一つに頑張りました。

キッズマジックに行ってきたよ

12月8日(水曜日)に、うさぎ組・ぱんだ組・きりん組で、キッズマジックに行ってきました。

広いスペースで思い切り体を動かして楽しんだ子どもたち。場内いっぱいにみんなの元気な声が響きわたりました。

写真:ボールプールの中で寝そべって遊ぶ2歳児

ボールプールの中で、泳いだり追いかけっこをしたりとたくさん体を動かして遊びました。

写真:車の遊具に乗って遊ぶ2人の園児

大人になった気分で車を運転。嬉しそうな子どもたちでした。

手作りおでん、おいしかったよ

12月9日(木曜日)に、おでん作りとおでんパーティーをしました。

夏の終わりにみんなで蒔いた大根の種。年長児さんが水をあげたり草を取ったりと、一生懸命にお世話してくれたので、とても立派に育ちました。

みんなで収穫した大根は、他の具材と一緒に年長児さんが包丁で切ってくれ、おでんを作りました。各クラスでおでんパーティーを開き、みんなでおいしくいただきました。

写真:切り終えたおでんの材料を持っている5歳児

大根の他に、人参やちくわ、こんにゃくも切ったよ。この後、給食室でおいしく煮込んでもらいました。

写真:5歳児が作ったおでんを食べる0歳児と1歳児

年長さんが作ってくれたおでん、おいしかったよ。

キラキラ輝く西部っ子、みぃ~つけた!夏号(10月発行)

アクアパークのプールに行ってきたよ!

きりんぐみの子どもたちがアクアパークの広いプールでのびのびと遊んできました。
水にもぐったりトンネルをくぐったり、バタ足をしたり、滝修行のように水を浴びたり…。思い思いに全身を使って楽しんでいました。

写真:アクアパークプールの大型遊具の階段で整列した子どもたち

広いプールは楽しいね!また行きたいな!

保育園産ジャガイモでカレー作り

写真:包丁で野菜を着る年長組の子どもたち。その後ろで保育者が見守っています。

どの子も包丁を握ると真剣な表情です。猫の手で押さえて、よく見てトントン。

にじいろ畑で収穫したジャガイモで、年長さんがカレー作りにチャレンジしました。

「包丁ってどうやって持つのかな?」「手を切らないように気を付けて!」

ドキドキの調理体験、頑張りました!

できあがったカレーの味はもちろん、

「最高!」

開幕!SEIBUぎおんまつり!

写真:法被を着て並ぶ年長児たちの後ろに、カラフルなテープを花火模様に貼った黒い傘が並べてあります。

花火師となった年長さんが大活躍。花火が打ちあがるたびに、会場からはたくさんの歓声があがりました。
来年は大きな花火が見られるといいね!

残念ながら、今年度も中止となった、柏崎市の夏の風物詩「ぎおん祭り」。
そこで「子どもたちが代わりに楽しめることをやろう!」第2弾として企画されたのが「SEIBUぎおんまつり」。

職員手作りの花火大会に始まり、手作りうちわを持っての民謡流しに、クラスごとのおみこしパレードと、大盛り上がりの1日でした。

本当のぎおん祭りにはかなわないけれど、子どもたちの夏の楽しい思い出の一つになってくれたら嬉しいなと思います。

サマーハッピーデイズがやってきた!

西部保育園の夏の恒例行事「サマーハッピーデイズ」が開催されました。

1日目の「おばけ大会」は、年長さんが手作りの衣装でおばけに変身し、小さいクラスの子どもたちを「バァ!!」と脅かします。
「キャー!」と怖がられると、嬉しそうなおばけたちでした。

2日目はチームに分かれ、のび太くんの進行で「ジャイアン」「しずかちゃん」「ドラえもん」の各部屋でミッションに挑戦する、その名も「夢をかなえてドラえもん」。
全てのミッションをクリアし、ドラえもんから素敵なプレゼントをもらった子どもたちは、にこにこと嬉しそうでした。

写真:おばけやしきの看板の前で、おばけに扮した年長児がおどけたポーズをとっています

こわーいおばけに変身!みんなをおどかしちゃったよ!

写真:ドラえもんに登場するキャラクターに扮した職員と記念撮影する子どもたち

ドラえもんや仲間たちと一緒にハイチーズ!

暑い日にはやっぱり…水遊び!

小さい子どもたちはタライに張った水を使って楽しく水遊び。
大きい子どもたちはプールで大胆に水遊び。
水と一緒に笑顔がはじけます。

毎日、水とたくさん触れ合って、水と仲良くなった夏でした!

写真:大きなプールで楽しく遊ぶ3歳児

大きなプール楽しいね!

写真:たらいで水遊びを楽しむ0,1歳児

小さいクラスの子どもたちも、じょうろやバケツを使ってたくさん水遊びを楽しみました。

運動の秋を先取り!「SEIBU逃走中!」

9月の行事といえばおじいちゃんおばあちゃんを保育園に招いて楽しむ「お招き会」ですが、残念ながら今年度も中止に…。
それならば「子どもたちが代わりに楽しめることをやろう!」第3弾ということで、人気のテレビ番組「逃走中」ごっこを企画しました。

ある日、西部保育園に届いたミッションメール。
「保育園に3体のハンターが放出された。
ミッションの玉入れをクリアし、ハンターから見事一人でも逃げ切れば1回戦ごとに1本ずつ、園長先生からカギが渡される。
3本のカギがそろった時、会場に設置された宝箱が解放される。」というもの。

さあ、西部逃走中の始まりです。

写真:ハンター役の職員とにこやかに記念撮影する2歳児のこどもたち

ハンターは少し怖かったけど、ミッションの玉入れも頑張って、ハンターから逃げ切りました!

1回戦は「りす、うさぎ、ぱんだ組 対ハンター」、2回戦は「きりん赤組 対ハンター」、3回戦は「きりん白組 対ハンター」で対決!

途中、追加ミッションをクリアすると復活システムがあり、大いに盛り上がりました。

無事に3つのカギをゲットした子どもたちは、宝箱に入っていたおいしい宝物をもらい、達成感に満ちた表情でした。

頑張った運動会

爽やかな秋晴れの中、保育園の大きなイベントの一つ、運動会ごっこが開催されました。

今年度も新型コロナウイルスの影響で、参観は年長さんの保護者のみに限定しましたが、子どもたちは自分の持っている力をめいっぱい発揮して、練習から頑張ってくれました。

最初はまっすぐ走れなかった小さいクラスの子どもたちも本番ではゴール目指して一直線!
ぱんだ組はきりん組に負けない大きな声で障害物走の柔道人形を「エイヤ!」、バーベルを挙げて「1・2・3!」
きりん組は毎日一生懸命バルーンの演技や年長児のアトラクションの練習をし、本番でも立派に披露。

小さな体からあふれ出す子どもたちのパワーは、見に来れなくてもきっとたくさんの人に届いたことと思います。

写真:バルーンを大きく膨らませた演技をする年長児と年中児

バルーンの技も見事に決まったね!

写真:キラキラのポンポンを持って踊る0~2歳児の子どもたち

うさぎさん・りすさんの応援ダンス「ガンバラッパガンバルーン」

キラキラ輝く西部っ子、みぃ~つけた!春号(6月発行)

入園・進級うれしいな

4月5日、入園式を行いました。年長児が、14人の新・転入児を、元気な歌と踊りで歓迎してくれました。

59人で新たな一年がスタートします。これからみんなで楽しく過ごそうね!

年長児が新入園児と保護者の前で歓迎の歌と踊りを披露しています

保育園は楽しいことがいっぱいだよ!

8人の年長児が元気いっぱい、歓迎の歌と踊りを披露しました。

新・転入のお友達も、これから一緒に歌ったり、踊ったりしましょうね♪

にじいろ畑ができたよ!

きりん組が、園長先生に教えてもらいながら、ジャガイモを植えました。
1つずつ種芋を置いて、優しく土のお布団をかけていたところ、それを見ていたぱんだ、うさぎ、りす組も「仲間に入れて!」と飛び入り参加。
みんなで協力して、無事に植えることができました。

畑の名前は「にじいろ畑」。きりん組がつけてくれました。

サツマイモ・トマト・キュウリ・ピーマンも植え、これからの生長が楽しみです。

子ども達が先生からジャガイモの植え方の説明を聞いています

「これが種芋だよ。そっと、土のお布団をかけてね。」と園長先生。

子どもが畑にじゃがいもを植えています

おいしいジャガイモになあれ!

「たけのこ解体ショー」開催!

5月のある日、園に大きなたけのこが届きました。「これなあに?」「おおきいね。」と興味津々の子ども達。
そこで、調理の先生に参加してもらい「たけのこ解体ショー」を開催しました。

調理の先生が、みんなの目の前で、たけのこの皮を次々とむき、包丁で切る様子に、子どもたちは釘付けでした。

断面を見せてもらうと「わぁ!おもしろいね!」と歓声があがりました。

ショーの後は、たけのこに触ったりにおいをかいだりして、春の旬を十分に満喫した子ども達でした。

子ども達も前で調理員がたけのこを解体しています

たけのこの中はどうなっているのかな?

机に置いてあるタケノコの周りに集まり、観察をする子ども達

たけのこを触ったり、においをかいだり…。興味津々の子ども達でした。

西部劇団春公演★人形劇を楽しみました!

年間行事で計画されていた人形劇開催が中止になり、がっかりしていた子ども達。
そこで「子ども達が楽しめることをやろう!」と、職員で人形劇を計画しました。

事前に配られたチケットを手に、楽しみに待っていた子ども達。
当日は、アンパンマンや動物達の人形のお話にじーっと見入っていました。
バイキンマンがいたずらをする場面では「だめだよ!」と教えてあげる子もいました。

人形劇の後は、歌のお姉さん・体操のお姉さんも登場!
ラストは子ども達みんなで手遊び、体操を楽しみ、おおいに盛り上がった一日でした。

子ども達が並んで、先生に人形劇のチケットを渡しています

チケットを持って受付。楽しみだなー!

子ども達が指人形と先生達と一緒に踊っています

オールスタンディングで大盛り上がり!

えんまいちごっこを楽しみました

今年はえんまいちが中止になり残念でしたね。子ども達が楽しい経験ができるよう、西部保育園のえんまいちを開催しました。

ミニオンのお財布を持って全員集合!えんま堂ではえんま様がお出迎えです。びっくりしながらもみんなで記念撮影をしました。年長児がお店の紹介をした後、いよいよえんま市のスタートです!子ども達みんながにこにこ笑顔でお買い物を楽しみました。

壁に飾ってあるキャラクターのお面を選ぶ子ども達

お面屋さんは大人気!どれにしようか迷っちゃうね。

机の上に並べた手作りおもちゃを選んでいる子ども達

並んでいるおもちゃは、子ども達の手作り。どれも素敵でした。

水の入ったペットボトルめがけて輪を投げる子ども達

エイッ!輪投げってなかなか難しいなぁ。

おもちゃ屋さんは、楽しそうなおもちゃがたくさん並び、子ども達はそれぞれ好きなものを選んでいました。お面やくじ引き、輪投げなど柏崎市のえんま市に負けないくらいの熱気と賑わいでした!

子ども達の心に、楽しい思い出として残るといいなと思います。

どんぐりルームに遊びに来てね!(西部保育園子育て支援室)

子育て支援室「どんぐりルーム」は、保護者がお子さんと一緒にゆったりとした気分で遊んだり、子育てのヒントに気づいたりする場所になれたらと、2人の支援員で担当しています。

午前11時15分からの「ニコニコタイム」では、手遊びや体操、絵本の読み聞かせなどを楽しんでいます。

感染症対策をしてお待ちしています。ぜひ、遊びに来てくださいね。

開室時間

月曜日~金曜日の午前9時~午後2時(祝日、年末年始を除く)

この記事に関するお問い合わせ先

子ども未来部 保育課 西部保育園

〒945-0853
新潟県柏崎市番神二丁目10番58号
電話:0257-22-2465/ファクス:0257-22-2465
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年12月20日