ほ乳びんやガラス製のコップは、「空きびん」ではありません!

ほ乳びんやガラス製のコップは、「燃やさないごみ」として出してください。

ほ乳びんに使われる「耐熱ガラス」などは、リサイクルできない「異物」です!

市が回収し、リサイクルしている空きびんの中に「耐熱ガラス」や「クリスタルガラス」などの異質ガラスが混入すると、それを原料としてリサイクルした再生びんは、「欠陥びん」になってしまいます。これは、普通の空きびんと異質ガラスでは、溶ける温度が違うためです。

なかなか見分けがつかないため、混入すると取り除くことが困難です。捨てる段階で、きちんと分別することが大切です。

ほんの少しでも混入すると、多くの方が分別した大切な資源を、無駄にすることになります。

「空きびん」として出すことのできないものの例

  • ほ乳びん、ガラス製のコップなどの「耐熱ガラス製品」
  • ガラス板、電球、蛍光灯などの「ガラスびん以外のガラス」
  • 茶わん、陶磁器
  • 劇薬・農薬などが入っていたびん(リサイクル過程で有毒ガスを発生する可能性があり、危険です)

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境課 資源循環係

〒945-0011
新潟県柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)
電話:0257-23-5170/ファクス:0257-24-4196
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日