住まいが災害などで被害を受けたとき最初にすること

被害状況を写真で記録しましょう

災害発生後、被災者支援を受けるためには、罹災(りさい)証明書の交付を受ける必要があります。

そのため、市役所職員による被害認定調査が行われますが、その前に建物の修理、片付けをしてしまうと調査が困難となってしまいます。

調査をスムーズに進めるために、建物を修理したり片付けたりする前に、被害状況が確認できる写真を撮影し、保存しておくようにお願いします。

この写真は、被害認定調査の他にも、保険会社に損害保険を請求する際などに役立ちます。

被害状況の撮影方法

写真を撮る際は、「引き」と「寄り」の写真を撮影してください。

家の外を撮影する場合

  • なるべく4方向から撮影する。
  • 浸水した場合は、深さが分かるように撮影する。

家の中を撮影する場合

被害を受けた部屋・箇所は全て撮影してください。

  • 被災した部屋ごとに全景を撮影する。
  • 被害を受けた箇所の「寄り」の写真を撮影する。

この記事に関するお問い合わせ先

財務部 税務課 家屋係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館2階
電話:0257-21-2256/ファクス:0257-22-5903
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年07月08日