住まいが災害などで被害を受けたときはり災証明を申請しましょう

り災証明書は、風水害や地震、雪害等の自然災害で被災した住家の被災状況を、市が証明するものです。
各種被災者支援制度を利用する際や保険金の請求に必要となる場合があります。

また、被害を発見した場合は、写真などで記録しておきましょう。

り災証明を申請するには(住家被害認定)

り災証明書の発行にあたり「災害にかかる住家の被害認定基準運用指針(内閣府(防災担当))」に基づき、市の職員が現地調査を行い、被害程度を判定します。

現地調査を希望する方は、以下のリンクから申請してください。

(注意)自己判定方式によるり災証明書交付を希望する場合は、現地調査を行いません。

自己判定方式による被害認定

以下の2点を満たす場合は、自己判定方式による被害認定を利用できます。

  1. 被災者等が撮影した写真等から、被災程度が準半壊に至らない(一部損壊)と明らかに判断できる場合
  2. 被災者等がその判定結果に同意する場合

職員による住家被害認定調査を省略するため、迅速なり災証明書交付が可能です。

ただし、被害が組み合わさることで被害程度が大きくなる可能性があります。自身で被害を判断することが困難な場合は、市役所職員の被害調査を活用し てください。

り災証明書の交付手続き

受付場所

柏崎市役所2階税務課3番窓口

申請に必要なもの

  1. 顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、免許証等)
  2. り災証明申請書(市役所窓口で記載いただくことも可能です)

申請書様式

被害状況は写真で記録しておきましょう

市職員が現地調査を行う前に、建物の修理・片付けなどを行うと、被害の調査・判定が困難となってしまいます。

被害を発見した場合はまず、被害状況が確認できる写真を撮影し保存してください。

被害状況の撮影方法

写真を撮る際は、「引き」と「寄り」の写真を撮影してください。

家の外を撮影する場合

  • なるべく4方向から撮影する
  • 浸水した場合は、深さが分かるようにする

家の中を撮影する場合

被害を受けた部屋・箇所は全て撮影してください。

  • 被災した部屋ごとに全景を撮影する
  • 被害を受けた箇所の「寄り」の写真を撮影する

【参考】災害ごとの損傷程度例示(内閣府(防災担当)作成)

この記事に関するお問い合わせ先

財務部 税務課 家屋係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館2階
電話:0257-21-2256/ファクス:0257-22-5903
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年07月01日