ホーム > くらし > 動物・植物 > 動物の感染症 > 鳥インフルエンザ感染防止に関する情報

ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

鳥インフルエンザ感染防止に関する情報

感染防止をお願いします。

鳥インフルエンザとは

鳥類に対して感染性があるインフルエンザのことです。

鶏、あひる、七面鳥、うずらなどが感染し、元気消失、呼吸器症状、消化器症状(下痢、食欲減退など)などが現れ、鳥類が大量に死亡することもまれではありません。鳥から鳥へ直接感染するだけでなく、水、排せつ物などを介しても感染します。

海外では、病気に感染した鳥との接触などにより人へ感染した例が報告されています。しかし、鶏卵・鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザが人に感染した例は世界的にも報告されていません。

国内で鳥インフルエンザが発生したから、直ちに愛玩用の鶏や小鳥が危険だということではありません。しかし、飼育者の皆さまにおかれましては、不測の事態に備え予防対策に努めてください。

万一、ご家庭で愛玩用に飼育されている鶏や野鳥が複数死亡するなどの異常がありましたら、すみやかに中越家畜保健衛生所(電話番号:025-794-2121、ファクス:025-794-5400)または農政課(電話番号:0257-21-2295、ファクス:0257-24-7714)へご連絡ください。

予防対策

  • 清掃と消毒を励行し、飼育施設を清潔に保つようにしましょう
  • 鳥と鳥に関する器具などにさわった後の手洗いとうがいを徹底しましょう
  • 鳥小屋に野鳥などを近づけないようにしましょう
  • 日常から飼育している鶏などの健康状態に注意しましょう

人に鳥インフルエンザの感染が疑われる場合

発熱、咳など一般的な人インフルエンザに感染したときと同じ症状のほか、重症化すると肺炎や多臓器不全に至るまで、さまざまな症状が見られています。過去の感染事例はいずれも鶏との接触があった事例がほとんどです。

鶏などと接触のある人で、健康状態に不安がある場合は、柏崎地域振興局健康福祉部(電話番号:0257-22-4180)へご相談ください。

 

 

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部農政課農業振興係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2295

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?