市内企業・事業所で「健康づくり宣言」を実施しました

健康づくり宣言は、市が企業・事業所に参加を呼びかけ、5人以上の職場のグループにおいて、一人一人が「毎食、野菜を食べる」「週1回ウオーキングする」など健康づくりの目標を決め、職場の仲間で宣言しあい、チャレンジするものです。

令和元年(2019年)9月~10月の2か月間の取組について、市内23事業所の305人から参加報告がありました。

健康づくり宣言に参加した企業・事業所

参加報告があったのは、以下の事業所です。

  • 新潟県労働金庫柏崎支店
  • 有限会社阿部工業所
  • 特別養護老人ホーム柏柳の里
  • 有限会社山田工業
  • 株式会社創風システム
  • 株式会社ケンブリッジ地域密着施設ひなた
  • 柏崎市シルバー人材センター
  • 株式会社サイカワ
  • 明照保育園有志
  • 株式会社オオガケ
  • 東京レコードマネジメント株式会社安全衛生委員会メンバー
  • 柏崎市総合体育館
  • 柏崎市文化会館アルフォーレ事業所
  • 株式会社ケンブリッジ小規模多機能ホームこもれび
  • 東北電気保安協会柏崎事業所
  • かしわざき振興財団総務課施設管理室
  • 柏崎郵便局有志
  • 柏崎アクアパーク
  • 特別養護老人ホームなごみ荘事務有志
  • 柏崎メジカルセンター健診課
  • 柏崎厚生病院・米山爽風苑ソーシャルワーカー
  • 東京電力労働組合柏崎刈羽原子力支部有志
  • 社会福祉法人ロングラン

優秀団体に選ばれた団体を紹介します

提出された報告書を集計、審査した結果、以下の4団体が優秀団体に選定されました。

優秀団体に選定された事業所には、アルコール手指消毒剤やサージカルマスク、柏崎市防災天然水などの衛生用品を、記念品として贈呈しました。

有限会社山田工業

有限会社山田工業様に優秀団体記念品を贈呈している様子

有限会社山田工業は、参加者の目標達成度の平均が高く、優秀団体に選定されました。

目標の達成状況を、毎日記録する表を独自に作るなどの工夫をして実施しました。

柏崎市シルバー人材センター訪問介護係

柏崎市シルバー人材センター訪問介護係様に優秀団体記念品を贈呈している様子

複数の方がラジオ体操に取り組むことを目標に掲げ、声をかけ合って実施しました。

優秀団体のシルバー人材センター訪問介護係様の皆様の様子

柏崎市シルバー人材センター訪問介護係は、職場の仲間と取り組む効果があった参加者、今後も立てた目標を今後も継続できそうという参加者が多く、優秀団体に選定されました。

東京レコードマネジメント株式会社安全衛生委員会メンバー

東京レコードマネジメント株式会社安全衛生委員会メンバー様に優秀団体の記念品を贈呈している様子

東京レコードマネジメント株式会社安全衛生委員会メンバーの皆さんは、参加者の目標達成度の平均が高く、優秀団体に選定されました。

また、安全衛生委員会メンバーが率先して「健康づくり宣言」に取り組み、その後、取り組みの輪を社内に広げて、健康づくりを行いました。

かしわざき振興財団総務課施設管理室

かしわざき振興財団総務課施設管理室の皆さんは、宣言した目標を今後も継続できると回答した方が最も高く、優秀団体に選定されました。

かしわざき振興財団総務課施設管理室様に優秀団体記念品を贈呈している様子1
かしわざき振興財団総務課施設管理室様に優秀団体記念品を贈呈している様子2

参加した企業・事業所の声

参加・応募した理由は?

  • 定年を62才から65才、継続雇用を65才から70才に延長したので、70才まで働ける健康づくりを目標とするため
  • 「Well Being」な会社を目指しており、「健康管理」は社会人として必須であるため
  • 生活習慣等を見直す良い機会と考えたため

取り組みにあたって企業・事業所として工夫したことは?

  • 個人の目標を一覧表で部署に貼り、みんなの目標が分かるようにした
  • 週一回の朝礼で声をかけ合った
  • 同じ時間に数人で一緒に取り組める目標にした(ラジオ体操)

企業・事業所として、参加してみた感想は?

  • 健康でないと働くことはできない。各々が健康に留意することが望ましいが、周囲からの働きかけ支援が必要な場合もある。その点で、良い機会、キッカケになった
  • 普段は思っていてもやらない運動や、食生活の見直しが少しでもできたことが、今後につながっていくと思う
  • それぞれの健康づくりの取り組みのきっかけができたことが一番の成果だったと思う
  • 健康づくりだけでなく、職場内のチームワーク力も高まった

従業員の生活習慣や健康状況で気になることは?

  • 変則勤務の職員が多く、食事時間も不規則になるためか、健康診断での血圧、血液等の検査の有所見者が多いこと
  • パソコンを使用したデスクワークが多いこと
  • ストレスがたまりやすい業務内容であること

参加した皆さんの取り組みの一部を紹介します

こんな取り組み目標を立てていました

食生活に関すること

  • 夜8時までに夕食をとる
  • 麺類の汁、スープは半分残す
  • アイスクリームは週1回にする
  • 甘い飲み物は飲まない
  • 毎朝、野菜を食べる

運動に関すること

  • 昼休みに歩く
  • 毎日、腹筋を200回行う
  • 晴れた日にはなるべく自転車で通勤
  • 仕事の合間にチューブで肩甲骨体操
  • 会社で朝ラジオ体操をできるだけやる
  • 週2回のウォーキング

歯や口に関すること

  • 毎食後に歯をみがく
  • 両方の歯で良くカミカミします
  • 昼休みに歯をみがく

生活習慣に関すること

  • 休日はしっかり休む
  • 毎朝6時に起床し、朝食を必ず食べる

お酒やたばこに関すること

  • 休肝日を週3日は設ける
  • 日曜と月曜はお酒を飲まない
  • 職場(仕事中)での喫煙本数を3本減らす
  • 休日は喫煙しない
  • タバコとの決別
  • 禁酒

体重や体脂肪率に関すること

  • 毎日体重をはかる
  • マイナス10キロを目標に、週5日有酸素運動をする
  • 体重2キロ減

取り組みを振り返っての感想

  • 意識を変える良いキッカケになった
  • 目標を机の前の壁に貼ったので、色々な人から聞かれて会話がはずんだ
  • 大きな変化はなくても、少し意識し、始めることの積み重ねで生活習慣は変化していくのだろうと実感した
  • 今回をきっかけに、筋トレという新しい趣味が増えた
  • あまり難しい目標を設定せず、小さなことから取り組むと良いと思う
  • 職場のみんなで健康づくり宣言をするのは一体感が出てよかった
  • 私は食べるだけで、食事を作ってくれた妻には感謝します

多くの参加者が「2か月間の取り組み期間後も継続可能」「生活に変化があった」と回答

参加報告のアンケートで、「今回の健康づくりの目標は今後も継続できそうですか?」との問いに対し、「できる」「まあまあできる」と回答した方が約93%、また、「取り組み前と比べて生活(習慣)の変化がありましたか?」との問いに対し、「あった」「まあまああった」と回答した方が約68%という結果でした。

取り組みをとおして感じた健康づくりのポイント

  • ちょっと頑張ればできることを目標にする
  • 健康づくりの目標は、「いつ」「どれくらい」するかなど、具体的にする
  • 期間を決めて取り組む(まずは2週間からでも可)
  • 周囲の人に宣言する。宣言することで応援してもらえる
  • 家族や仲間と取り組む。励ましあうことで、達成率が上がる
  • 上手くいかなくても、少し長い目で考えてみる。上手くいかない時の代替案を用意する
  • 心の余裕があると、取り組みやすい

従業員の皆さんの健康づくりをお手伝いします

企業や事業所が従業員の健康保持・増進に積極的に取り組む「健康経営®」の必要性が高まっています。(「健康経営®」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です)

でも、何をしたらよいかわからない…とお困りではありませんか。

市では、健康づくり宣言事業のほか、企業・事業所に対して無料の健康づくりの講座「からだスッキリ講座」をご要望に応じて開催します。

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 健康推進課 健康増進係

〒945-0061
新潟県柏崎市栄町18番26号 元気館2階
電話:0257-20-4213/ファクス:0257-22-1077
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年03月03日