事業者向け新型コロナウイルス対応基本マニュアルを作成しました

事業者向け新型コロナウイルス対応基本マニュアルの表紙

感染予防対策から感染者が確認された際の対応までをまとめた、事業者向け新型コロナウイルス対応基本マニュアルを作成しました。

事業継続へ向け体制を整えましょう。

事業所内の感染予防対策

1.手洗い・手指の消毒

出勤時やトイレ使用後、各施設への入場時などは、手洗い・手指の消毒を行う

2.できる限りマスクを着用

できる限りマスクを着用する。マスクが無いときは、人との距離を2メートル以上保つ

3.水と洗剤で拭き取り清掃

人がよく触れる机やドアノブ、スイッチ、手すりなどは、水と洗剤で拭き取り清掃を行う

こんな症状があったら

従業員に発熱等があり、症状のいずれかに該当する場合は、所属長への連絡など、次の対応をとることを周知・徹底しましょう。

症状

  1. 体温37.5度以上の熱が4日以上継続した場合(解熱剤を飲み続けなければならない場合を含む)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
  3. 基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患等)がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
  4. 3の方で、風邪の症状、37.5度以上の発熱、強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)が2日程度続く場合

対応

  1. 所属長への連絡
  2. 自宅待機
  3. 新潟県帰国者・接触者相談センター(柏崎保健所)への相談(電話:0257-22-4112)
  4. 「柏崎保健所へ相談した結果」及び新型コロナウイルス感染症検査が行われた場合は、その「診断結果」を所属長に速やかに報告

感染者が確認された際の対応

1.感染者の発生

発症した従業員は、速やかに所属長へ連絡する。

2.従業員へ周知・感染予防策の徹底

  • 柏崎保健所から、対応方法の指導を受ける。
  • 事業所内で感染者が確認されたことを従業員に周知するとともに、感染予防策等を改めて周知徹底する。

3.濃厚接触者の自宅待機

  • 保健所の調査に協力し、濃厚接触者と見込まれる者を速やかに自宅待機させる。
    (濃厚接触者は、必要に応じPCR検査(行政検査)や、感染者最終接触から14日間の健康観察を行う必要があることから保健所の指示に従う。)
  • 濃厚接触者と確定された従業員が、発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む)を呈した場合に、保健所へ連絡させるとともに、速やかにその結果を報告させる。

4.事業所の消毒

  • 保健所と相談のうえ、必要に応じて感染者が勤務した区域(執務室、製造加工施設、倉庫、売場等)の消毒を行う。
  • 消毒は保健所の指示に従って事業所で実施する。緊急を要する場合には、感染者が勤務した区域のうち、手指が頻回に接触する箇所(ドアノブ、スイッチ類、手すり等)を中心に、アルコール(消毒用エタノール(70%))または次亜塩素酸ナトリウム(0.05%以上)で拭き取り等を行う。

5.業務再開

消毒後の施設設備の使用について、留意事項を保健所に相談しながら準備する。

事業継続への対応

今後の業務継続のための体制を整えましょう。

重要業務、優先的に継続させる業務を選定

  1. 優先的に継続させる製品・商品及びサービスや関連する業務を選定(顧客、取引先の稼働状況の把握など)
  2. 必要となる人員(従業員の欠勤可能性など)や、物的資源(職場内の消毒に必要な資材など)の把握
  3. 在庫・備蓄の積みまし

重要業務継続のための業務マニュアルの作成等

  1. 在宅勤務体制、情報共有体制、人員融通体制などの整理
  2. 重要取引先との協議・連携
  3. その他必要事項の洗い出し・整理

従業員に症状がみられたら

 新潟県帰国者・接触者相談センター(柏崎保健所内)に電話してください。

新潟県帰国者・接触者相談センター(柏崎保健所内)の連絡先
受付時間 電話番号

平日の午前8時30分~午後5時15分

土曜日・日曜日・祝日の午前9時~午後5時

0257-22-4112

上記の時間以外
(警備員室につながるので、電話番号を伝えてください。担当から折り返しご連絡します。)

0257-21-6226

 

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商業観光課 商業労政係

〒945-8511
新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2334/ファクス:0257-24-7714
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年04月27日