新型コロナウイルス感染症対策、柏崎市宿泊事業者緊急支援補助金

柏崎市は、新型コロナウイルス感染症の影響により、観光客が減少し、売上が著しく減少した市内宿泊施設に対し、事業継続を支援するため、補助金を交付します。

審査を速やかに行い、多くの方に補助金を届けるため、このページやチラシで対象要件等を確認し、申請してください。

制度の概要

対象者

以下の全てに該当する方

  1. 客室5室以上の市内宿泊施設(旅館・ホテル営業又は簡易宿所営業)
  2. 市内に法人を置くこと(個人事業主の場合は、市内に住民票を置くこと)
  3. 令和2年(2020年)5月14日現在、一般社団法人柏崎観光協会の正会員または賛助会員で、市内観光事業の振興に取り組んでいる
  4.  新型コロナウイルス感染症の影響により、売上高が前年同月比で50%以上減少し、かつ、その減少額が20万円以上である(詳細は、後述の「売上の比較方法」を参照)
  5. 納期限の到来した市税を完納している

注意事項

  • 旅館業法の規定による県知事の許可を受けた宿泊施設に限ります。
  • 法人税の確定申告を柏崎税務署で行っている法人を、市内に法人を置くとみなします。
  • 柏崎観光協会の会員ではなくても、これまで市内観光振興に取り組んできた実績がある宿泊事業者(例:旧西山町観光協会の会員)は対象となる場合があります。詳細な要件や追加書類は、お問い合わせください。
  • 市税を完納していなくても、徴収を猶予されている場合は対象となります。完納・猶予のいずれも難しい場合は、ご相談ください。

売上の比較方法

通常基準・基準緩和いずれも、比較月の売上高に対し、売上減少月の売上高が50%以上減少し、その減少額が20万円以上であれば、申請可能です。

通常基準
  • 売上減少月:令和2(2020)年3月~6月のいずれかひと月
  • 比較月:前年の同月
基準緩和

基準緩和の対象者は、「業歴3か月以上1年1か月未満」または「前年(2019年)以降の店舗増加等によって、前年同月との比較が困難」のいずれかに該当する方です。

  • 売上減少月:令和2(2020)年3月~6月のいずれかひと月
  • 比較月:次のいずれか
    • 売上減少月を含む、前3月の平均
    • 令和元(2019)年12月
    • 令和元(2019)年10月~12月の平均

補助金額

次の基本額及び加算額の合計(10万円~300万円。1事業者1回限り)

基本額

売上減少月と比較月の売上高の差額の2分の1の額

  • 1万円未満切り捨て
  • 上限200万円
  • 10万円に満たない場合は補助しません。

加算額

大規模宴会場(500平方メートル以上又は市長が特に必要と認める規模)を常設し、基本額が100万円以上の施設は、100万円を加算します。

申請方法

感染防止のため、申請書類は郵送で提出してください。

申請書類

審査を速やかに行うため、添付書類の確認に用いる欄(売上減、室数および面積の項目)は、可能な限り下線(色は任意)を引いてください。

ご協力をお願いします。

通常基準の方

  1. 第1号様式(その1 )柏崎市宿泊事業者緊急支援補助金交付申請書兼実績報告書(PDF:131KB)
    第1号様式(その1 )柏崎市宿泊事業者緊急支援補助金交付申請書兼実績報告書(ワード:58.5KB)
  2. 売上減少月の事業収入額を記した帳簿等の写し
  3. 2019年確定申告書類の控えの写し
  4. 通帳の写し等、振込先口座が確認できるもの
  5. 客室数が分かるパンフレット等(必須)
  6. 大規模宴会場の面積が分かる書類(加算額対象の場合のみ)
記載例

基準緩和対象の方

前年12月または10~12月の平均を比較月とする方
  1. 第1号様式(その2)柏崎市宿泊事業者緊急支援補助金交付申請書兼実績報告書(基準緩和)(PDF:140.5KB)
    第1号様式(その2)柏崎市宿泊事業者緊急支援補助金交付申請書兼実績報告書(基準緩和)(ワード:56KB)
  2. 売上減少月の事業収入額を記した帳簿等の写し
  3. 2019年確定申告書類の控えの写し
  4. 通帳の写し等、振込先口座が確認できるもの
  5. 客室数が分かるパンフレット等(必須)
  6. 大規模宴会場の面積が分かる書類(加算額対象の場合のみ)
売上減少月を含む前3月の平均を比較月とする方
  1. 第1号様式(その2)柏崎市宿泊事業者緊急支援補助金交付申請書兼実績報告書(基準緩和)(PDF:140.6KB)
    第1号様式(その2)柏崎市宿泊事業者緊急支援補助金交付申請書兼実績報告書(基準緩和)(ワード:56.5KB)
  2. 売上減少月を含む、前3月の事業収入額を記した帳簿等の写し
  3. 通帳の写し等、振込先口座が確認できるもの
  4. 客室数が分かるパンフレット等(必須)
  5. 大規模宴会場の面積が分かる書類(加算額対象の場合のみ)
記載例

添付書類の一部省略

柏崎市小規模事業者経営支援補助金等で、すでに市に提出した書類(売上や口座を確認するための各種写し。以下「提出済み書類」といいます。)がある場合は、省略することができます。

ただし、売上減少月を変更する場合は、売上減少月の帳簿の提出が必要です。

なお、電話や窓口で、提出済み書類の内容のお問い合わせには、一切お答えできません。提出済み書類で不足が生じないか、振込先口座は同一のものか等について心配な場合は、省略せずに添付して申請ください。
(申請書受理後、審査時に書類の不足を見つけた場合は、連絡します。)

審査や交付を速やかに進めるため、ご理解とご協力をお願いします。

提出期限

売上減少月の末日から3か月以内

例)売上減少月が4月の場合は、7月末日まで。6月の場合は、9月末日まで。

提出先

柏崎市産業振興部商業観光課

  • 〒945-8511 柏崎市中央町5番50号

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商業観光課 観光戦略係

〒945-8511
新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2334/ファクス:0257-24-7714
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年05月22日